東京都現代美術館で開催中の庵野秀明の特撮博物館展は、
ここ数年見た展覧会の中でも異色さと面白さが際立っていた。

ウルトラマン、巨神兵、ゴジラ、戦艦や飛行機などの軍事物と、
自分ら世代が通ってきた道の裏側でどのような技術と苦労があったのか。
館長庵野秀明特撮博物館

特にオール特撮で撮影した「巨神兵あらわる」は映画本体もさることながら、そのメイキングが秀逸だった。
ものを作るというプロセス、その技術と、継承の難しさ。
職人の仕事はその多くが行き先怪しい状態だが、
特撮は印刷などと並びこの先が厳しい職種の一つなのかも知れない。

が、男としかこの面白さを共有できないのは残念。