室戸

▲太平洋にVの字を描いて突き出す室戸岬。
どう考えても辺境。
この灯台も実に古く、 機銃掃射の跡が今も残っている。

▲江戸時代に野中兼山が築いた室津港。
高知で見るべき土木遺産はほとんどが兼山がらみだ。
写真は新港から港口への運河様の航路。

▲室戸岬のアコウの大木。なんとも奇妙。
このあたり、主張が控えめで見落としがちだが、自然の力ってものを静かに感じさせられる風景が多い。