に投稿

さらば、ミヨシカメラ。

今月末でミヨシカメラが高知を退去。
フランスでしばらく暮らした後、東京へ移り住む。
昨日の夜はgraffitiでこの二週間やっていた彼の個展の最終日で、
スライドライブがあった。
彼の写真はフシギな透明感と中性感のある写真。
ドーンとくる迫力はないけどジーンと入り込んでくる力がある、
高知では少ないタイプの写真家だった。
仕事も何度かお願いしたが、なんというか、
とりあえずどんなんでも「自分」を入れこんでくる。
きちんと「写真」で仕事しようとしているというか。
モロコや玄さんの音と写真の調和もいいかんじ。
玄さんの演奏は30分以上あったはずだけど、
不思議と飽きることもなく、ジワジワと染められた。
そういえば、大学時代は、よくスライドナイトをやってた。
スライドを流しながらゴンチチとかかけて、
酒を呑みつつお互いの写真を見せ合うよーな夜。
音と写真は案外親密なのだ。
そんなことも思い出しつつ、
しばしご無沙汰の写真欲が久々にわきたつ。