に投稿 4件のコメント

江ノ口川の景

高知遺産からもう5年、あれからずいぶんといい風景や建物が亡くなった。
やれ安全だ、やれ法律だ、やれ都市計画だ、やれ財政難だ、、、
リネンのない街並は大人げなくてえげつない。
高知はやっぱり水と森。
偉い偉い人たちが語る高邁なリネンもリソーも関係ない風景。
いつかこんな川の辺で住むのもえいかもしれん。
写真は升形の裏あたりの江ノ口川。

江ノ口川の景」に4件のコメントがあります

  1. ガインは、江ノ口川をサイクリングがてら遡るのが大好きです。高知城の北を過ぎて、枡形あたりで急に細い小さい「町の川」になるんですよね。岸に民家がせり出してきてたりするのも趣があると思います。枡形~井口~旭町あたりまで結構楽しめます。

  2. そう、町の川のエリアがいいですよね。
    別に普通のながめだけど、どこもかしこも固めまくり、作り過ぎ→赤字の高知市景観の中で、数少ないまともな場所、ですよ。
    普通にしてくれたらいいんです、景観なんてものは。高知駅広場に行く度に思うことですがw
    ※高知駅前の広場、アレでホントに市役所の人はいいと思ってるんでしょうかね~

  3. これからは「何を守るのか?」という視点を中心にして考え、行動していくべき時期なのかな~と思います。何を造るか?ではなく何を守るか?、どこを変えるか?ではなくどこを変えないか?。それを中心に全てを考えてみる。そういうのが大切になってくるんじゃないかなって。
    そういう点からいえば、評価云々は別として、駅前広場に関わった人達には「自分達が何を変えたのか?」についてちゃんと自覚的になってもらいたいとガインも思います。はい。

  4. まあそれがないのが高知の役所を筆頭とする高知人の持ち味ですからね~。とにかく「プラス」思考。
    守るとか残すとか伝えるとかいうと大体「引き算」と見なされますが、実際にはそりゃ「カケザン」であるというのがあまり理解されない。・・・その結果が今の街並や経済なのにねえ。
    駅前広場は色々な事情があったんだと思いますよ。厳しい台所の中でできることってのもあるし。だけど、暑い広場にゃ誰もこない。ただそれだけなんですけどね。
    勝手に広場を考えた会(芝生と木々の広場)→http://mukade.camera-talk.com/2006/01/post_199.html

現在コメントは受け付けていません。