に投稿 2件のコメント

Youtubeによさこいチャンネルつくったらえいに。


年がら年中どこでもよさこい見れたらえいに
今日もよさこい鑑賞。とはいえ愛宕で閉幕間際の30分ほどをパーッと。

明日おこなわれる全国大会はともかくも、ほとんどのチームは8月10日が終わったらまるまる一年間、その姿を見ることはない。嗚呼寂しい。
んで、ふと思ったこと。
どうせだったら、全チームの映像をYoutubeにアップしたらえいにと。
おそらくDVDにしたりするからアカンとか、音楽の権利がとかいろんな問題があるきアカンとかいろいろあるはずだけど、おそらくは大した枚数が売れないであろうDVDよりもYoutubeで幅広くアクセスを集めた方が、よっぽどお祭り全体の振興につながるんでないかと。



よさこいはもはや「ソーラン」なのである
試しにYoutubeで「よさこい」と打つと、ほとんど札幌のソーラン。
こらなるほど全国ニュースでソーランは流れるけど、よさこいは流れんはずじゃわいと。
何も知らない人が見たら、まあ普通は「よさこい=札幌」になるわなあと。

※今年のよさこいはニュースにもほとんどならんかった。某通信社の「不況でチーム数が減った」なんていう、どうでもいいコメントの記事を配信しているところがほとんど
DVDとの関係があるなら、各チーム3分とかにしてきっちり編集したのをYoutubeで配信する。「高知・よさこいチャンネル」とかチャンネルを立てたら見やすいだろうし、県外のよさこい知らん人に伝えたりブログとかで記事を書くにも動画があれば書きやすい。動画は各チームから提出させたらビデヲの質が上がるかも知れないし。
いい加減ネットに力入れたらえいに
やっぱ祭りも観光もある程度ネットや媒体を強化せねば。
・Youtube(高知関連といえば鉄道が中心)
・Wikipedia(高知関連の記事がWikiは弱い!)
・podcast(皆無でないか)
・Twitter(やりよらんきわからん)
その他・・・
総じて高知県はこのへんのネット関連がとっても弱い。blogも普及しているように見えるけど実際には「立場の近い人」たちが書き合っているというのが正直なところだし、「情報」が「情報」にまで昇華されていないような気がする。まあこれはブログの特性上仕方のないところだけど。

まあなんにせよ、今年の「ちょっと不況なよさこい」を契機に色々と見直してみるのもえいんではないかと。
全国に「よさこいの本場は高知ながです」なんていうてても、今更規模もなんもかんも立派な札幌に勝てるはずはない。ホントの伝統がある阿波踊りにだって絶対に勝てるわけがない。
それでも全国にこれだけ波及したお祭りだ。これだけ面白いコンテンツを放置しておくのはあまりにも勿体ない。今更ながらネットを活用してよさこいの情報をドンドン放流。
——
結局、情報の総量はそのまま祭りの元気の強弱につながる。
「よさこい読本」とポスターだけじゃあもう人は来ないのだ。
観光コンベンションなり振興会なり有力連なり、どっかが旗ふりしてやらんもんやろうか。
おひまならぜひ→→→

 

Youtubeによさこいチャンネルつくったらえいに。」に2件のコメントがあります

  1. よさこいのYoutube配信は、しっかりとコントロールして
    各チームともワンクールに限定すれば、コンテンツとしては
    面白いと思います。
    (高画質でフルバージョンで見たいという需要=DVDの喚起にもなりそう)
    また、ほとんどのチームが練習ビデオを作っているハズなので
    本番用の衣装を着たモノをサビのみアップするというのも
    祭前に「盛り上げる」と言う部分では効果的でしょう。
    さて、動員についてですが、高知駅は寂しいかぎりだったし
    追手筋にも空席が目立ってはいましたが、飛び入り可能の
    「市民憲章」参加者は例年の倍ほどだったし、前夜祭の
    中央公園なんて、花火大会で分散しているハズなのに
    立錐の余地がないくらいの混み様で床が抜けそうでした。
    各宿泊施設や交通機関もほぼキャパいっぱいな訳で
    現実問題として、このままでは動員数を増やすのは困難です。
    また「よさこい=ソーラン」という世間一般の認識は仕方なく、
    10年程前からはじまった原宿の「スーパーよさこい」をもってしても
    その認識を覆すにはいたってはいないけど、(「君が踊る、夏」が
    ヒットすれば、少しは好転するでしょうけど)全国のよさこい関係者の
    中では「高知=聖地」という認識は確立されており、前述の動員キャパや
    天候(気温、雨)の問題も含め「全国大会」を9月か11月の連休に
    シフトするという方法も考えられます。
    それ以前に「よさこい」関連の指揮系統を一本化し、専従化して
    年間を通して戦略を練る機関が必要なんじゃないかと思います。

  2. 今年はプールも川も行ってないのに結膜炎になってしまい、一回もよさこいを見なかったです。で、テレビでちょっとだけ鑑賞。
    とりあえずやっぱ最近のよさこいは一部のチームばかりが目立つ(しかもどこもなんか印象が似てる)ようになってしまい、前に比べたらちょっと残念ですねえ。正直、衣装もどんどん暑苦しくなってきてるし、ヤンキーチームもなんか減っちゃったし。
    まあこのエントリは去年書いたものですが、相変わらずネットで「よさこい」と検索してもまともに高知のが出てこないというあたりから残念ですよね。やっぱネット関係の人種をもっと周囲に入れないと、この時代厳しいんちゃうかーと思います。せめて一番に出るようにしようよと。あちこちで季節感なく踊ることをやる前に、まずはネットで一年中どこからでも見れるようにしようよと。観光資源だと考えるなら、まずはそこだろうにと。
    そこらへん、妹もメンバになってるカナバルのような破天荒なところがどんどん出てきて、今のつまらんノリを壊してほしいなと。ホンマに。

現在コメントは受け付けていません。