に投稿

ディープでライトな川の本をつくりたい

すっかりごぶさたの雑考。気がつけば5年も放置していたのね。
SNSばっか使うようになっていつしか頭の整理や体操をすっかりサボってしまうようになったので、こちらもボチボチ復活できたらば。
(2013-2015頃のwebmagazine四国大陸掲載記事もこちらに随時転載していきます)
—-

というわけで、夏。
夏といえば、川。

今年は梅雨明けが異常に遅かったこともあって川遊びのスタートが例年の7月はじめから1ヶ月近く遅くなり、この2週間ほどの間に集中的に遊んでいる。四万十川、仁淀川、安芸川、鏡川・・・2014年にうまれたアッという間に大きくなったこどもと一緒に、腕も顔も真っ黒になるまで遊んでいる。

で、今年の川で思うこと。

川の石をはぐればあらわれる、数多の水生昆虫や不思議なたまご。プリプリっとしたトビケラはさすがに覚えたけど、それ以外はどうしてもなかなか覚えられない。
川を覗けばすぐそこにみえる、無数の魚。キラキラしてるのがハヤ、少しヌメッとしてて黄色い斑点があるのがアユ、ひときわ美しいのがアマゴ、水底にいて比較的簡単に捕まえられるのがヨシノボリ・・・だと思うのだが、釣りだけは全く手を伸ばしていないエリアということもあって、、、いまひとつ自信が持てない。
そして、川の石。特徴的な砂岩や蛇紋岩、花崗岩はともかく、それ以外の石の種類・・・これもまた覚えられん。仁淀川や鏡川の河原には色とりどりの5−6種類の石が転がっていてとても面白いのだが、その由来を正確に覚えることがどーしてもできない。むかし地質の会社にいたのに。。。

ならば、そうだ、そういうときにこそ必要なのが図鑑だ! というわけで今年の川には「川の図鑑」みたいなものを持っていってみたのだけど、東京の本だから高知にはいない魚や虫も当然多く載っていて、正直使いにくい。そんな魚見たことも聞いたこともねえよ!っていうのが多すぎる。
そして、そもそもヨシノボリいっことっても種類が多すぎて色々載せられても同定できない・・・というか早々に同定する意欲を失ってしまう。てか、そこまで同定する必要もないじゃん、と思った瞬間に冷めていくというか。

となると、このような自分たち家族に必要なものは高知の川の図鑑であり、もっともっと実用的な素人(=同定力の弱い人)向けの図鑑だ。

水生昆虫はどれがどのトンボかなんていう細かい種類の話までは正直わからなくてもいいから、「どういう場所」に「どういう虫」がいるのか、それが将来何の虫になるのかをわかりやすく表現したものがほしい。

川の魚は多くの図鑑がただの標本写真で紹介されていて、泳いでいる時のイメージとの差がどうしても埋めにくい。となれば、標本的な写真よりも泳いでいる写真を使うことで「川での見え方」に近くなるようにしたものがほしい。アユのように特徴的な挙動を持つ魚なら、その挙動から魚の種類を把握できるようにイラストやQR動画でわかりやすく見せたい。

川の石は、仁淀川や四万十川、吉野川などの川ごとに違う石の分布と見分け方、それぞれの地質帯の話や地震、地形学との関係にまで踏み込めたら面白い。

あとは川の楽しみ方。川エビの捕まえ方とか釣りの仕方といった遊び方はもちろん、流域史や地形学、沈下橋の由来や工法、生活史や産業史・・・などなどにまで軽くでいいので踏み込めたら、子どもの頃から「地域」に対して明確な関心を持つことができるのではないだろうか。

必要なのはわかりやすい写真とテキスト、愛情のこもったイラストとデザイン。
イメージ的にはB5変形80P、定価1500円くらいの川へも持って行きやすい本。

今手がけている本が終わったらはじめようかな。

に投稿 1件のコメント

アユをしゃくる。

はじめての経験。
アユのしゃくり漁。
ついぞこないだ、「旅たび高知」の取材で訪れたグリーンパークほどので出会った、まるで高田純次のような適当さと生真面目さを持ち合わせた兄さん「ほそやん」とミョーに意気投合してしまい、はじめて出会って3週間後、仁淀川のアユ解禁にあわせて漁へ出た。

起床は2時30分。もうただでさえ入校前で毎日2時3時という時期に、この時間から活動というのは酷すぎる。事務所で数時間仮眠して、3時30分には伊野の川の駅で合流し、ボチボチと吾北・上東のポイントへ。

ご案内いただいたのは、ほそやんと、3年前からほそやんと一緒にアユを捕っているという岡林さん。こちらはいつも旅たびで取材に出るukikiと山中とおいらの3人。前日に翌日のアユとの出会いを夢想するだけで興奮しつつ手作りしてくれたというしゃくりの漁具を譲り受け、川へ突入する。


写真は水中を探索する2人。結局このポイントではアユは一瞬しかいなかった。

しゃくり漁はきわめて原始的な漁。水面をハコで覗きながら、アユの動きをみきわめてハリでひっかけるだけ。しかし、ぱっと視界に入っても、あっという間に岩の向こうに姿を隠す。
そして、あめごはうようよしているものの、あゆの姿はなかなかそうはたくさんいないもの。だいぶ慣れてきた後半になると結構姿を見ることができるようになったけど、最初のうちはポイントもよくわからず川の中をさまようばかりだった。
結局釣果は旅たびスタッフはゼロ。ほそやんと岡林さんも各9匹で、いわく「最悪」。今年は上八川川でも上東も含め全体的にだめで、吾北中心部の少し上流になる寺野あたりだけがヒットしたのだそうだ。

下の写真は吾北中心部の上八川川でしゃくりに勤しむプロ級?の3人衆。一人が流れをせきとめ、残りの2人が瀬の水中のアユを次々にしゃくる。ずっと見ていると、その顔はまさに狩人というか、獣のような顔に見えてくるのであった。

に投稿

紙を漉く。漉きまくる。

伊野の土佐和紙工芸村で、のべ5日間(参加したのは4日間)の土佐和紙の紙漉研修に参加した。
まあ研修とはいってもやや非公開的なもので、一昨年やった紙の博物館での「使える和紙展」以来なんだかんだとお世話になってる紙漉の磯崎さんや田村さんに直々に手ほどきをいただけるもので、本当にありがたすぎる。

一日目

楮のチリトリ
今回自分たちが漉く分の和紙は、TOSAWASHI PRODUCTSや竹村活版室の商品としても使う。
なので、初めてだった去年よりも漉く量はずいぶん多くて、三椏5kg、楮のチリトリ2kg、楮のチリトリなし2kgを用意してもらった。それぞれ初期加工は磯崎さんの方でしてもらっていたので、実際に自分たちがやるのは薬品などでそれぞれの原料を煮込むところから。
煮込んだ楮や三椏はそれぞれ丸ごと大きな桶に放り込み、流水で30分くらい流すのだが、楮はある程度手荒く扱っても大丈夫なのに三椏はあんまりやると細かい繊維が流れてしまうとか、材料毎に気遣いするところが違っていて面白い(大変)。
午後は楮のチリトリ作業。今年の楮は吾北から仕入れたものだそうだが、皮を剥ぎ取る「へぐり」が丁寧だったらしく、チリトリもそれほどには大変ではない。 まあ今年は県立美術館のイベント関連で別グループの人たちとも一緒だったので、その方たちがたくさんやってくれたというのも大きいんだけど。
夕方前には、三椏をビーターにかける。ビーターは、流れるプールのような形の機械で、ここに三椏ならそのまま、楮なら「タンタン」という皮を叩く機械又は人力で叩いてほぐした繊維を投げ入れると、何周かするうちに仕込まれた刃で繊維がほぐれ、紙漉しやすい程度になるというもの。もとは洋紙の世界で使われていたもので、昔の和紙ならタンタンをしたらそれで紙漉の桶に入れ、棒などでかき混ぜる「ざぐり」をしてから漉いていたそうな。 

ビーター
ビーターでぐるぐるまわるうち、団子状だった繊維はどんどんほぐれていく。そして、このあたりからほぐれた繊維が服や靴にかかると、乾燥するとそこに和紙の塊ができるようになる。和紙がさっきまで乾燥していた楮や三椏なのだということをなんとなく認識する瞬間だ。

ビーターにかけ終わると、今度は「スクリーン」という機械にかける。これもプール状のステンレスの桶なのだが、底に0.1mmくらいの細いスリットが何十本も付いている。ここに先ほどビーターにかけてほぐれた原料を入れて電源を入れるとダンダンダンと激しく振動し、スリットから細かい繊維だけが通過して落ちる。

スクリーンの作業。棒で繊維を底のスリットになでつけるスクリーンの作業
この工程は今年全くはじめての経験で、まあ実際甘~く見ていたのだが、思いのほか大変だった。というのも、5kgの原料を通すにはそこそこ回数が必要ということと、投入したらそのまんまスイスイと三椏が流れていく訳ではなくて、木のヘラのようなものでスリットを強く撫でつけ続けないと流れてくれないのだ。さらに、ダンダンダンと激しく振動する中でその撫でつけをしないといけないので、ビチャビチャと濡れるわ、ちょっと高いところにある機械なのでビーターから下ろした原料を投入するにはバケツに小分けにしていちいちウンショとしないとダメだわで、なんだかんだと全身を使う。

ましてや慣れてないわそもそも普段運動してないわ塩梅も当然わからないわで、たぶん3人掛かりで1時間くらいかけてやっとこさ終わったような感じだった。ちなみに小柄のウチのスタッフの山中氏は顔じゅうビショビショで、服やエプロンにもあちこちに和紙の繊維がつく始末。おいらも初日は靴で行っていたので、足下に落ちた三椏が靴紐の合間に入ったりしてしまったりする。

まあビーターもスクリーンも、どれもこれも「機械」とはいってもほとんど人力なりいつでも人の目が必要な原始的なもので、ちょっと人間が楽になる(とはいえかなりの差があると思う)程度のもの、ということらしい。タンタンだけはかなり差がありそうだけど。

ここらへんは、去年の研修記録を兼ねて土佐和紙プロダクツのホームページでまとめてある。

 

んで、二日目~四日目。

昨日思っていたより早く原料処理が進んだということで、昼前から早速漉き始める。まずは三椏。小桶で5-6杯を漉き舟に入れて、漉き舟全体をかき混ぜる「ざぐり」をする。それからトロロアオイを叩いて漉したノリを入れて、ざらに棒でかきまぜる。

ほぐして後は漉くだけの三椏みるのはかんたん、こぶり。
この棒でかきまぜるのを「こぶり」というのだが、これもまた塩梅があって、ボートのオールを持つような感じで棒を持ち、手前に引く時だけ強く「ザブッ」と鳴るように混ぜる。なんとなーくできるんだけど、磯崎さんに言わせると「なんか変」とのこと。たぶん4日のあいだ何回もこぶったけど、どうにもなんか変のまんまだったようだ(ちなみに他の人たちは「もっと変」だったような)。

漉き舟は普段工芸村のお客さんが葉書を漉いたりする用の小さなもので、本職の紙漉さんからするとたぶん相当小さい。一回両手を広げても余るような漉き舟で流し漉きをやらせてもらった時は、桁一杯に紙料が入った時の重さにビックリした。これを本職は一日に何枚も漉く。

紙料を桁ですくって水を落とす一回一回裏返して重ねていく
今回おいらたちが漉いたのは、今後の商品活用もにらみ名刺やA3程度の和紙がほとんどだった。漉き舟も幅90cmくらいの小さなもの。桁も持ち手のところは体の幅くらしかないから、当然そんな重いものではない。が、それでも一日じゅう漉き続けていると最終的には全身が痛くて、帰ると超疲れて仕方がなかった。職人の世界はやっぱり体力と集中力がないと到底無理だ。そしてなにより探求心と。

紙漉の工程は、2~4日目の間、常時2桶で3-4人(おいら、活版室、スタッフ山中、吉岡氏のうち。4日目は東京からスーベニアプロジェクトの小池田夫妻にも到着してすぐに労働を強要)で漉きまくった。仕上がったのは三椏と楮チリトリで名刺を千枚ぐらい、金封などで使う用の薄めの楮の和紙を数百枚、その他葉書や封筒、ミニカードなどなど。なかなかいい紙ができたので、近々商品にも使っていく段取りだ。

 

和紙の研修も今年で2回目。全く何が起きるのか分からなかった去年よりも、全貌が分かっている分楽しみつつ、また実際に自分たちで漉いた紙を売るということもあってそれなりに真剣に漉いた。まあ本職からすると甘い紙だろうけど、なんとなく、ほんの少しだけ紙漉さんの気持ちが分かったような気がしないでもない。

そしてまた、いつも「高い高い」と言われ続けてなかなか売り込みが難しい手漉き和紙を、これからどうやってほんの少しでも普及させることができるのか、そのための明示的なヒントというのはなかなかまだ見つからないのであった。これだけの工程があったら高いのは当たり前。されど素人目には機械漉きとの違いは分かりにくいという現実。

従来通り、建物内装や美術修復、美術作品用としての路線は当然堅持しつつ、その180度反対側にある「暮らしの中へ」的裾野を広げていかないことには、紙漉さんはもちろんのこと、楮や三椏の栽培農家、その加工工程(楮蒸しや皮のへぐり)を担う人々への対価を支払うことは(高齢化の先にある、山村部の急速な人口収縮後に特に)ますます難しくなっていくだろう。

農業とか物産と同じで「顔が見える」戦法もありそうだけど、これはこれでそもそも限界を感じるし、またスターを生み出す可能性はあっても広がりは薄くなる。他の産地との連携、全くの異分野との連携。土佐の手漉き和紙全体の裾野をどうやって広げるのか、まだまだよく分からない。

に投稿 2件のコメント

仁淀川で水切り大会参加者募集

川面を跳ねる「水切り」の技を競う
仁淀川国際水切り大会が今年も8月23日に開催。
ピピピと投げてみませぬか。
特に女子・こどもの部はまだ参加者が少ないということで
今なら優勝はかなり近い!ということで鋭意募集中。
豪華?景品、各賞も設定。
本気のバトルをお楽しみくださいやし。
日時/8月23日
会場/高知県いの町鹿敷
   土佐和紙工芸村くらうど前河原
受付開始/午前10時
競技時間/14時~16時30分ころ
参加費/大人300円・中学生以下200円
参加申込書のダウンロードはこちらから。
・申込書表面[PDF/224KB
・申込書裏面[PDF/272KB
FAXまたはメールにてお申し込み下さい。 

ポチ→ブログランキングへ 

に投稿 6件のコメント

油売り跳ね回る!今年の秋葉祭り。

2年ぶりに仁淀川町の秋葉祭りへ。
今年は中越家から秋葉神社まで見物。
鳥毛ひねりを落とすシーンが例年より少し多かったような・・・
さて動画は秋葉神社のクライマックス、沢渡の鳥毛ひねり。
成功するたびに油売りが飛び跳ねて、見てるだけで笑ってしまう。。。
秋葉さんは、油売りに会いに行くようなものだもんねえ。
に投稿 2件のコメント

今日明日くるくるかざぐるま〜

DSC_4969.jpg
ついにはじまりました「風の谷なるやまプロジェクト」くるくるかざぐるま!
朝から思ったより静かなにぎわい。
かざぐるまワークショップに参加した親子さんや
写真好きの方たち、学生さんなどにおこしくださいました。
午後には200近いかざぐるまを追加投入し、のべ500近いかざぐるまがくるくるしております。
明日の午後4時頃までくるくるしております。
この夜中もくるくるしております。
お時間のある方はぜひ。

伊野から仁淀川沿いに北上し、右手に大きな製紙工場がみえたら右折です。
小さなチラシ案内を掲示してますので、それをたよりにお越し下さい。
山道は約20分。初心者には危険です・・・

に投稿 6件のコメント

風の谷なるやまワークショップ、盛況!

DSC_3536.jpg
本日、ホリカワアートミーティング2008のプログラムとして、「風の谷なるやまプロジェクト・くるくるかざぐるまワークショップ vol.1」を開催。正確な数のカウントはまだですが、100人近くの参加者の親子連れや子どもさんたちが、180近いかざぐるまを完成させてくれました。
雨の関係もあり、会場は急遽メイン会場となった3階からぐっと離れた9階の部屋に・・・11時のオープンまでは、正直いって人がくるんかなあと思っていたのですが、オープンと同時に続々と参加者の皆さんが会場に到着。お昼までには予定していたテーブル2台では全く足りなくなり、のべ6-7台のテーブルを出しての作業に。
DSC_3559.jpg
さらに、これまた果たしてうまく描いてくれるかなあと思っていたわけですが、色紙にアクリル、色鉛筆、ハンコ、ラメ、型抜き色紙、英字新聞、土佐和紙に果ては成山のチラシまで・・・用意していた画材や紙を使い、とにかく自由奔放な色使いとデザインが続々と登場。なんでこんなことが思いつくんだろう・・・と感嘆するしかないかざぐるまもいくつも登場しました。上手く回らないかざぐるまも、ちょっと手を加えてあげて回りだしたときの子どもたちの笑顔がなんともたまりません。
DSC_3564.jpg
基本的には全部のかざぐるまを置いて行っていただき、11月22日から23日にかけて成山の棚田で展示するルールなのですが、作った当人としては当然すぐに持って帰りたいわけで、ホリカワアートミーティングの会場内でもかざぐるまを持った子どもたちがウロウロと。ちなみに3階のメイン会場には、巨大成山棚田パネルを用意して、つくった数だけのかざぐるまシールを棚田の上に貼ってもらいました。空を飛んでるかざぐるまもあったりして、これ見ているだけでも面白い・・・!
たくさんのかざぐるまが棚田でぶわーっと花開く。
ただただそんな風景を見たくて、
さらには成山の棚田の美しさやお米のおいしさを知ってほしくてはじめたプロジェクトですが、
第二回、第三回のワークショップもこんな感じで賑やかに進めれたら嬉しいものです。
なにはともあれ、蛸ボラの高知大生の皆さん、絵本作家のいのうえさとこさん、ホントに、ホントに講師役お疲れさまでした・・・!

1.くるくるかざぐるまワークショップ
かざぐるまを作るのは実は簡単。
土佐和紙の台紙に自由に絵を描き、オリジナルのかざぐるまをつくります。
あわせて300のかざぐるまづくりにチャレンジします。
vol.2 10月18日14時〜16時 先着20組 いの町ギャラリーコパにて
vol.3 11月9日昼頃〜 帯屋町2丁目アーケードにて
2.かざぐるまをかざろう
11月22日から23日まで、成山の棚田でかざぐるまを展示。
仁淀川から吹き込む風が、300輪のかざぐるまをくるくると回します。
ミニ音楽祭も開催予定。
問い合わせ・伊野ワークショップのお申し込みは、ART NPO TACOまで。
→taco@xf.moo.jp


に投稿 4件のコメント

風の谷なるやま、ワークショップ迫る!

P8030128.jpg
9月21日はホリカワアートミーティングと風の谷なるやまワークショップの日。
土佐山田のかざぐるま工房の方のアドバイスも受けながら、試行錯誤を続けてやっとこさ「きちんと回るかざぐるま」に行き着いたのが先週のこと。んで、今週からは資材調達とワークショップの進め方の研究に走っているわけですが、さきほど高知大のTACOメンバー(略して蛸ボラ)が大学でかざぐるまの研究に取り組んでいるシーンの写真が届きました。
なかなかキレイでしょ。11月の2日間だけ成山に飾るためのかざぐるまですが、これでも結構いろいろな仕掛けをしています。番線を軸に、ハトメや竹筒などで和紙(一部洋紙)をはさみこんでいます。これだときちんと回る!
ワークショップ当日には、子どもたちに自由に絵付けをしてもらい、実際にかざぐるまを組み立てていきます。絵付けの画材には、色紙や色鉛筆、ペン、絵の具、クレヨンなどを用意。回らないと意味がないので、そこらへんの調整が難しそうですが、地味ながらなかなか面白い。
というわけで、フリマ訪問ついでに21日はぜひかるぽーとへ。
P8030123.jpg

1.くるくるかざぐるまワークショップ
かざぐるまを作るのは実は簡単。
土佐和紙の台紙に自由に絵を描き、オリジナルのかざぐるまをつくります。
あわせて300のかざぐるまづくりにチャレンジします。
・9月21日11時〜材料がなくなるまで かるぽーとにて(ホリカワアートミーティング)→詳しくはこちら
・10月18日14時〜16時 先着20組 いの町ギャラリーコパにて
追加・11月9日昼頃〜 帯屋町2丁目アーケードにて
2.かざぐるまをかざろう
11月22日から23日まで、成山の棚田でかざぐるまを展示。
仁淀川から吹き込む風が、300輪のかざぐるまをくるくると回します。
ミニ音楽祭も開催予定。
問い合わせは、ART NPO TACOまで。
→taco@xf.moo.jp

に投稿 7件のコメント

この谷に、かざぐるまを回そう[風の谷なるやまプロジェクト]

DSC_0310-2.jpg
この谷で、かざぐるまをくるくる回したい!
いの町成山は、高知市から車で30分たらずの場所にありながら、過疎高齢化の進展で近い将来には集落がなくなる可能性がある限界集落のひとつ。土佐和紙の技術は、この地で逗留し不運の死を遂げた新之丞によってもたらされたものでもあり、知られざる土佐和紙のふるさと・・・でもあります。
この谷に吹く、さまざまな風を感じるために、この谷の棚田を和紙のかざぐるまで埋め尽くそう・・・てゆか、この美しい棚田でくるくるまわるたくさんのかざぐるま、見てみたい。そんな気持ちではじまったプロジェクトです。
11月22日・23日の両日、成山の谷をかざぐるまで埋め尽くしましょう。

9月21日には、かるぽーとで行なう「ホリカワアートミーティング2008」でかざぐるまづくりのワークショップを開催予定です。成山の谷に咲かせる花をつくりませんか。講師役を務めるは絵本作家いのうえさとこさん、高知大生の蛸ボラ(ART NPO TACOの学生ボランティア)の皆さん。
もしお時間のある方はぜひご参加を。参加費無料です。
1.くるくるかざぐるまワークショップ
かざぐるまを作るのは実は簡単。
土佐和紙の台紙に自由に絵を描き、オリジナルのかざぐるまをつくります。
あわせて300のかざぐるまづくりにチャレンジします。
・9月21日11時〜材料がなくなるまで かるぽーとにて(ホリカワアートミーティング)→詳しくはこちら
・10月18日14時〜16時 先着20組 いの町ギャラリーコパにて
追加・11月9日昼頃〜 帯屋町2丁目アーケードにて
2.かざぐるまをかざろう
11月22日から23日まで、成山の棚田でかざぐるまを展示。
仁淀川から吹き込む風が、300輪のかざぐるまをくるくると回します。
ミニ音楽祭も開催予定。
問い合わせは、ART NPO TACOまで。
→taco@xf.moo.jp
kz1.jpg
kz2.jpg

DATA

デザイン:タケムラナオヤ

消ゴムはんこ:asakozirusi

に投稿 4件のコメント

【風の谷なるやまプロジェクト】田植えだ

DSC_1196.jpg
この秋、土佐和紙のふるさと・いの町の成山の棚田を舞台に、
「風の谷なるやまアートプロジェクト」なる新しい企画をやることになった。
これまで6年にわたり成山の棚田再生事業に取り組んで来た「和紙の里元気村」との合同企画で、
今年からART NPO TACOも加わってみようというもの。
で、昨日は蛸の大学生と共に田植えへ。
今回やった田んぼは、すごい広いというわけではないけれど、実際植え始めればなかなか大変。
植えても植えてもなかなか稲で埋まらない。
しかも手植えだから、どーにも美しく植わらない。
これが秋には実りをつける。
なんだかフシギなのだ。

ヘイ投票↓
banner_02.gif

風の谷なるやまプロジェクト
和紙の良さをもっと伝えたい。
棚田の風景をもっと多くの人に知ってもらいたい。
そのことで成山が今すぐに救われるわけではないけれど、
一人でも和紙や棚田に触れる機会をつくりたい。
そんな思いを込めた取り組みです。
1.かざぐるまをつくろう(ワークショップ)
かざぐるまを作るのは実は簡単。
土佐和紙の台紙に自由に絵を描き、オリジナルのかざぐるまをつくります。
先着50組で、あわせて300のかざぐるまづくりにチャレンジします。
2.かざぐるまをかざろう
かざぐるまを作ったら、さっそく成山の棚田へ移動し、
棚田の畦にかざぐるまを飾りつけ。
仁淀川から吹き込む風が、300輪のかざぐるまをくるくると回します。
3.かざぐるまナイツ
七色の里で土佐和紙の伝説を聞きながら、
この土地独自の餅米アラキモチでついた「七色餅」を食す。
かざぐるまの音を遠くに聞きながら、宴は夜まで続きます。
【開催予定日】今年秋を予定
【共催】和紙の里元気村ほか
【問い合わせ】ART NPO TACO

ヘイ投票↓
banner_02.gif