に投稿

紙を漉く。漉きまくる。

伊野の土佐和紙工芸村で、のべ5日間(参加したのは4日間)の土佐和紙の紙漉研修に参加した。
まあ研修とはいってもやや非公開的なもので、一昨年やった紙の博物館での「使える和紙展」以来なんだかんだとお世話になってる紙漉の磯崎さんや田村さんに直々に手ほどきをいただけるもので、本当にありがたすぎる。

一日目

楮のチリトリ
今回自分たちが漉く分の和紙は、TOSAWASHI PRODUCTSや竹村活版室の商品としても使う。
なので、初めてだった去年よりも漉く量はずいぶん多くて、三椏5kg、楮のチリトリ2kg、楮のチリトリなし2kgを用意してもらった。それぞれ初期加工は磯崎さんの方でしてもらっていたので、実際に自分たちがやるのは薬品などでそれぞれの原料を煮込むところから。
煮込んだ楮や三椏はそれぞれ丸ごと大きな桶に放り込み、流水で30分くらい流すのだが、楮はある程度手荒く扱っても大丈夫なのに三椏はあんまりやると細かい繊維が流れてしまうとか、材料毎に気遣いするところが違っていて面白い(大変)。
午後は楮のチリトリ作業。今年の楮は吾北から仕入れたものだそうだが、皮を剥ぎ取る「へぐり」が丁寧だったらしく、チリトリもそれほどには大変ではない。 まあ今年は県立美術館のイベント関連で別グループの人たちとも一緒だったので、その方たちがたくさんやってくれたというのも大きいんだけど。
夕方前には、三椏をビーターにかける。ビーターは、流れるプールのような形の機械で、ここに三椏ならそのまま、楮なら「タンタン」という皮を叩く機械又は人力で叩いてほぐした繊維を投げ入れると、何周かするうちに仕込まれた刃で繊維がほぐれ、紙漉しやすい程度になるというもの。もとは洋紙の世界で使われていたもので、昔の和紙ならタンタンをしたらそれで紙漉の桶に入れ、棒などでかき混ぜる「ざぐり」をしてから漉いていたそうな。 

ビーター
ビーターでぐるぐるまわるうち、団子状だった繊維はどんどんほぐれていく。そして、このあたりからほぐれた繊維が服や靴にかかると、乾燥するとそこに和紙の塊ができるようになる。和紙がさっきまで乾燥していた楮や三椏なのだということをなんとなく認識する瞬間だ。

ビーターにかけ終わると、今度は「スクリーン」という機械にかける。これもプール状のステンレスの桶なのだが、底に0.1mmくらいの細いスリットが何十本も付いている。ここに先ほどビーターにかけてほぐれた原料を入れて電源を入れるとダンダンダンと激しく振動し、スリットから細かい繊維だけが通過して落ちる。

スクリーンの作業。棒で繊維を底のスリットになでつけるスクリーンの作業
この工程は今年全くはじめての経験で、まあ実際甘~く見ていたのだが、思いのほか大変だった。というのも、5kgの原料を通すにはそこそこ回数が必要ということと、投入したらそのまんまスイスイと三椏が流れていく訳ではなくて、木のヘラのようなものでスリットを強く撫でつけ続けないと流れてくれないのだ。さらに、ダンダンダンと激しく振動する中でその撫でつけをしないといけないので、ビチャビチャと濡れるわ、ちょっと高いところにある機械なのでビーターから下ろした原料を投入するにはバケツに小分けにしていちいちウンショとしないとダメだわで、なんだかんだと全身を使う。

ましてや慣れてないわそもそも普段運動してないわ塩梅も当然わからないわで、たぶん3人掛かりで1時間くらいかけてやっとこさ終わったような感じだった。ちなみに小柄のウチのスタッフの山中氏は顔じゅうビショビショで、服やエプロンにもあちこちに和紙の繊維がつく始末。おいらも初日は靴で行っていたので、足下に落ちた三椏が靴紐の合間に入ったりしてしまったりする。

まあビーターもスクリーンも、どれもこれも「機械」とはいってもほとんど人力なりいつでも人の目が必要な原始的なもので、ちょっと人間が楽になる(とはいえかなりの差があると思う)程度のもの、ということらしい。タンタンだけはかなり差がありそうだけど。

ここらへんは、去年の研修記録を兼ねて土佐和紙プロダクツのホームページでまとめてある。

 

んで、二日目~四日目。

昨日思っていたより早く原料処理が進んだということで、昼前から早速漉き始める。まずは三椏。小桶で5-6杯を漉き舟に入れて、漉き舟全体をかき混ぜる「ざぐり」をする。それからトロロアオイを叩いて漉したノリを入れて、ざらに棒でかきまぜる。

ほぐして後は漉くだけの三椏みるのはかんたん、こぶり。
この棒でかきまぜるのを「こぶり」というのだが、これもまた塩梅があって、ボートのオールを持つような感じで棒を持ち、手前に引く時だけ強く「ザブッ」と鳴るように混ぜる。なんとなーくできるんだけど、磯崎さんに言わせると「なんか変」とのこと。たぶん4日のあいだ何回もこぶったけど、どうにもなんか変のまんまだったようだ(ちなみに他の人たちは「もっと変」だったような)。

漉き舟は普段工芸村のお客さんが葉書を漉いたりする用の小さなもので、本職の紙漉さんからするとたぶん相当小さい。一回両手を広げても余るような漉き舟で流し漉きをやらせてもらった時は、桁一杯に紙料が入った時の重さにビックリした。これを本職は一日に何枚も漉く。

紙料を桁ですくって水を落とす一回一回裏返して重ねていく
今回おいらたちが漉いたのは、今後の商品活用もにらみ名刺やA3程度の和紙がほとんどだった。漉き舟も幅90cmくらいの小さなもの。桁も持ち手のところは体の幅くらしかないから、当然そんな重いものではない。が、それでも一日じゅう漉き続けていると最終的には全身が痛くて、帰ると超疲れて仕方がなかった。職人の世界はやっぱり体力と集中力がないと到底無理だ。そしてなにより探求心と。

紙漉の工程は、2~4日目の間、常時2桶で3-4人(おいら、活版室、スタッフ山中、吉岡氏のうち。4日目は東京からスーベニアプロジェクトの小池田夫妻にも到着してすぐに労働を強要)で漉きまくった。仕上がったのは三椏と楮チリトリで名刺を千枚ぐらい、金封などで使う用の薄めの楮の和紙を数百枚、その他葉書や封筒、ミニカードなどなど。なかなかいい紙ができたので、近々商品にも使っていく段取りだ。

 

和紙の研修も今年で2回目。全く何が起きるのか分からなかった去年よりも、全貌が分かっている分楽しみつつ、また実際に自分たちで漉いた紙を売るということもあってそれなりに真剣に漉いた。まあ本職からすると甘い紙だろうけど、なんとなく、ほんの少しだけ紙漉さんの気持ちが分かったような気がしないでもない。

そしてまた、いつも「高い高い」と言われ続けてなかなか売り込みが難しい手漉き和紙を、これからどうやってほんの少しでも普及させることができるのか、そのための明示的なヒントというのはなかなかまだ見つからないのであった。これだけの工程があったら高いのは当たり前。されど素人目には機械漉きとの違いは分かりにくいという現実。

従来通り、建物内装や美術修復、美術作品用としての路線は当然堅持しつつ、その180度反対側にある「暮らしの中へ」的裾野を広げていかないことには、紙漉さんはもちろんのこと、楮や三椏の栽培農家、その加工工程(楮蒸しや皮のへぐり)を担う人々への対価を支払うことは(高齢化の先にある、山村部の急速な人口収縮後に特に)ますます難しくなっていくだろう。

農業とか物産と同じで「顔が見える」戦法もありそうだけど、これはこれでそもそも限界を感じるし、またスターを生み出す可能性はあっても広がりは薄くなる。他の産地との連携、全くの異分野との連携。土佐の手漉き和紙全体の裾野をどうやって広げるのか、まだまだよく分からない。

に投稿

土佐和紙プロダクツ、リニュ。

先月、なんか変な仕事ですっかり調子が狂って以来、どーにもやる気が復活せずにきてた。
まー二日酔いの日がとにかく多かったというのもあるんだけど、そゆときは、とにかく懸案を一つ一つ片付けて行くことだと思いつつ、まあそれすらも先月はなかなか進まない感じになっていて、なかなかしんどかったのだった。
ほんで懸案のひとつだった土佐和紙プロダクツのホームページを大晦日あたりからようやく手入れ開始。写真はd.d.officeで撮影(一部ウチ)し、webの構成や「土佐和紙ができるまで」の記事などはウチで担当。
とりあえず新商品としては、かなり買いやすい値段になったd.d.officeの「領収書ミニ」を新たなアイテムとして追加。飲食店とかカフェとかで使うのにちょうどいい感じの大きさなので、その系のお店の方はぜひにご注文を。
引き続き、1月20日頃からは便箋や封筒、帳面、一筆箋なども一気に投入予定。帳面は紙漉職人の磯崎裕子さんや北岡広文さんの手漉き和紙を表紙に使用し、活版でロゴを押した一冊一冊ごとに全然風合いが異なる小さなメモ帳。A7くらいの大きさなので、どこにでも入れて使える。
一筆箋は白い和紙に青い線が入っただけのシンプルなもの。和紙の一筆ってだいたいウザイ模様が入りすぎているので、その真逆路線のアイテム。大正町森林組合で作ったヒノキの箱に入れておくと、ヒノキの香りがほんのりと移ってくるしかけです。
このあたりは、今日印刷発注。
ある程度アイテムが揃ったら、今度は営業活動、なのだ。。。
土佐和紙プロダクツ
に投稿

手で刷る、手で漉く。その共通課題。

最近は活版室の見学の方も増えてきた。本格的に活版印刷の受付をスタートするのが1月末。現在はその下準備として、技術と機械のパワーアップが続いている。

んで、竹村活版室には手キンという、ひとまわり大きな手押しの活版機が到着。これまではアダナという小さな活版機でやっていたのが、この手キンの導入でだいぶ進化した。鉄筋ラウンジ工作所謹製の台もいい感じに出来て、これまで事務机の上で無理矢理やっていた作業もスムーズに進むようになった。

なんかウチでこうして活版印刷に取り組む嫁を観ていると、手漉き和紙の現場に立つ職人の友達たちとだぶる。

一枚一枚、

手で「刷る」か、

手で「漉く」か。

そのために、たくさんの準備すべき工程があって、守るべき技術があって、守るべき職がある。

和紙なら楮や三椏等の素材栽培にはじまり、皮はぎやへぐりの人役あたりまではある程度分業化している。それで、ある程度基礎的な処理のされた素材を購入して、そこからまた煮たりチリを取ったり色んな工程を経て(この工程は、先月4日間伊野で職人の友達にミッチリ仕込まれたので、ゆっくり書くつもり)、ようやく紙になる。

職人と話していて重大な問題となっていることを知ったのが、この素材供給部分の問題だ。楮農家は高齢化している上、へぐりまでの処理をする人も減っている。イベントで楮蒸しをしても黒皮をへぐる作業まではやらないので、実際にはメッチャ使える素材、ということにはならないらしい。

活版も同様。これも先月東京でオールライト工房の皆さんに東京の活版印刷屋さんや活字屋さんをたくさん案内してもらったのだが(これもゆっくり書く)、鉛を溶かして活字を作る活字屋さんは東京でも数えるほどになっているうえ、そもそも活字の原本ともいえる母型を作る人自体がほぼ無くなってしまっている。こちらはなんとか自分たちでも栽培できないことはない楮よりもある意味危険水域に達していて、あと数十年もすれば「活字」で印刷する活版印刷自体がなくなりかねない。

和紙も活版も、そうした伝統系の産業に共通する根深い問題を抱えているわけだ。

残念なのは、こういう活版や和紙をはじめとする伝統回帰の流れが最近はあるけれど、案外こういうのを「ただの流行」や「メッチャビジネス」でやろうとする企画屋が多くて、だいたいそういうバックボーンまでは考えていないことが多いことだ。「活字」自体はなくなってもしゃーないんちゃう?アートでいくしかないんちゃウ?とか言う人も会ったことがあるけど、それじゃあただの版画だ。また、薄利多売的な考え方でやっても、そもそもの活版文化の基礎部分を破壊することになりかねない。・・・てか、そもそも高知は手に職のない企画屋が幅を利かせすぎだ。活用方法の話をしてたら何でも守れると考えてるんじゃないか?まあおいらもそっち系なので恥ずかしいけどw

かつて和紙や活版が主役だった時代と違ういま、和紙も活版も原料から製品までの一貫する流れや工程を保持してはじめて価値があるのではないかと。和紙の原料が全部中国産で、活版の版はぜんぶ樹脂版とかで、なんていうのは、やっぱなんか変だもん。ふつうに。だけど、そんなふつうは、伝えようとしなければ誰も知らないまんまだ。そこにある価値をどう伝えるのか、というのはものすごい難しい。

守るべき技術と、守るべき職。

ちなみにこの手キン、刷ってみると文字の出方が全然違うので、名刺やショップカード、DMも出来のメリハリが全然違うのが良くわかる。特にスミがきれい。

んで、一個一個新しい印刷が上がるたび、その都度口角の緩み切った嫁を見ることになるのだ。


に投稿 2件のコメント

活版室も、土佐和紙も。

昨日今日はホームページいぢりの日。
活版室は価格表を掲載。
土佐和紙は、d.d.officeからの新商品を新たに掲載。
タケムラデザインのページもアチコチ変更です。
のんびりとスタートした竹村活版室。ホームページも実は先日立ち上げました。
オフセットなども含め「量をはける」印刷所に比べるとどうしても単価ははるけど、デザインの相談から提案、やりとり、印刷、納品まで、きちんと一本の筋を通して心を込めてやってます。嫁が。
どうしても技術的に難しかったりサイズが大きい印刷の場合には、ずっとお世話になっている活版の師匠から手ほどきを受けながら進行。いつも長話になりながら、徐々に技術を受け継いでいるところなわけですな。
こないだ東京からオールライト工房3兄弟が見えた時も、やはりそうした「師匠」から学んでいること、長話になりやすいことを話してました。もはや絶滅しかけていた活版の世界に飛び込んで行く若い人たちと、技術を受け継いできた年長者の関係ってのは、たぶんどこも同じなんでしょう。秋には東京のオールライト工房を訪問して、いろいろと探検させていただきにいくつもりとのこと。
が、今はアダナ8×5という小さな機械一台だけ。
技術が付いてきたらどこかでもう少し大きな機械がほしいところで、活字も含め、もし印刷所で活版印刷機の処分などを考えている人がいたらぜひご一報を。
活版室のホームページでは、近日仕事を紹介するページも追加する予定。市内の店舗のカードや名刺がメインですが、京都の音楽家mama!milkさんのグリーティングカードやエッと驚く大作家さんの会社の名刺なんかも刷ってたりするんで、フシギなもんです。
土佐和紙プロダクツ http://tosawashi.shop-pro.jp/
こちらものんびり進行中。なかなか営業に行く時間が取れず扱い先の拡大がままならぬまま2ヶ月が経過。その一方、試験的に商品は徐々に増加中。今日はd.d officeからお勘定書など4商品、うちから一筆箋が登場。一筆箋は間もなく四万十ヒノキの専用箱も登場します。
こちらはまあのんびりと。
に投稿 9件のコメント

使える和紙展詳報

20091101_1500094
使える和紙展、初日にとりあえず大体100人くらいの来場者があった模様。
2日目の今日覗いてきましたが(昨日は倒れていた)、
タケムラデザイン謹製のFUSENやNOTE、GENKOの売れ行きも好調。
山根デザイン事務所の鉄製の小箱に入ったメモや
柴田ケイコさんの各種グッズなどなど
2日目にて増産要請が各グッズに出ている状態。
というわけで、雑貨屋さんにもそのまま置けそうな品が色々揃ってます。
20日まで時間はありますが、
後半になって初めて登場する商品もあったりしますんで
何度でも足をお運びいただきたいところでございまする。

 

に投稿 8件のコメント

使える和紙展、はじまる。

20091031_1496967

着手してから約半年。
明日から伊野の紙の博物館で
「使える和紙展-50 TOSAWASHI PRODUCTS」がはじまる。
企画内容から作家さんの選定、広報などなどいろいろお手伝いしてきました。
若い紙漉さんというまさに「現場の中の現場」から、
土佐和紙をどーにかしよう!という議論を重ねてできあがった展覧会。
2日間に及ぶ展示作業でもー全員かなりクタクタです。
並べられるのは土佐和紙を使って作った50個のプロダクト。
デザイナーや作家さんに依頼してつくってもらった10種類の手紙を始め、
付箋紙やメモ、メモパッドにクリアケース、ペンケース、原稿用紙、
一見そうとは見えないペーパーウエイト・・・といった文房具の数々、
なぜか洋紙ばかりがもてはやされてきたラッピングセット、
ちょっとしたプレゼントにも使えそうな、はぎれセット。
和紙を重ねてはりまくった籠やお盆、
和紙だけでできたお皿やキャンプ用のタープにおもちゃ、
全部紙で出来た帽子やバッグ、服、アクセサリー。
うちの事務所からは文房具を中心に、
ぜんぶで16品目を提案(大学生に作ってもらったタープなども)。
この春から週2-3日の割合で来てもらっているスタッフのY氏が
頑張ってつくってくれましたです。
この展覧会のタネとなった話が伊野町の役場の方からきたときから、
こいつはなんかチョット訳が違うぞと思って取り組んできました。
最近の高知は、第三次産業従事者(サービス・企画系)が多すぎる土地柄ゆえか、
やたらと「非現場」から「現場」に手を突っ込む
訳の分からないお話が増えているなあと思うことしきりでした。
それでは長い目で見て現場の理解なんて正直得られないし、
思考構造も論理構造も結構違う一次・二次(現場・職人系)と三次の間を
ホントに埋めることなんでできないんではないかと。
第一次や第二次の人たち自身が声をあげて、考え始めて、
そこから第三次が動かなければ、結局はなんか浮ついたものになる。
すなわち、一次・二次が支える厳しい現場のためなんかじゃなく、
三次側が生きるためのただの取り組みになってしまうというか。
が、そーじゃないからなんかフワフワしてるのが多い。
今回はその逆のパターンで、
何よりも紙漉さんのため、土佐和紙のため、楮のために何かできることはないかと
参加してくれた多くの人が思ってくれたのではないかと思います。
そして、現実にこれからもたくさん和紙を使ってくれるものだと思います。。。
今回の「使える和紙展」はこのわずか一回だけではなく、
来年ももう少しテーマを絞ってやる感じになりそうです。
また、東京や大阪、海外にも出張展ができないかも模索中です。
一人でもたくさんの方に来て頂いて、
ヨソの和紙に大負け状態の土佐和紙をどうにかする一歩にしたいし、
いくつかの商品は本格的に商品化して
アチコチで売って行きたいものだ・・・!などとイロイロ夢想中です。
高知県やいの町も数少ない土佐の伝統工芸・土佐和紙を面白くするために、
ぜひ支援してほしいものです。
またこれから商品紹介していきます。
使える和紙展-TOSAWASHI 50 PRODUCTS-
2009年10月31日~11月20日
いの町紙の博物館2階展示室
主催:いの町紙の博物館/土佐の山 紙資源の会
後援:高知新聞社/RKC高知放送/KUTVテレビ高知/KSSさんさんテレビ/
NHK高知放送局/エフエム高知/いの町/いの町観光協会/
高知県立紙産業技術センター/高知県手すき和紙協同組合
助成:平成21年度こうち山の日推進事業
■参加作家
okubo junko|asakozirusi|織田信生|formano|柴田ケイコ|竹村活版室|松林誠|
丸岡敬子|PPRP 吉岡綾子|わだときわ|井村佳奈|K & K|佐藤舞子|関川庸子|
竹内麻貴|中村達志|橋本奈々絵|山崎光莉|FLAT FURNITURE|和紙工房パピエ|
タケムラデザインアンドプランニング
おヒマならヨソも→→→

 

に投稿

使える和紙展まであと45日(くらい)

使える和紙展のホームページがでけた。

写真とかないので少しイメージしにくいけど、
只今50個のプロダクト、鋭意試作中。
このうち、うちの担当分は約20種類。
スタッフY氏はここんとこ2週間ばかしずっと和紙と向き合っているのであった。
おひまならぜひ→→→ 
に投稿 9件のコメント

『使える和紙展 -TOSAWASHI 50 PRODUCTS-』(9/2改訂)

10月末から11月20日まで、伊野の紙博で「使える和紙展」を開催します。
もったいないから使わない、
使わないから買われない、
買われないから作れない、
作れないから楮も三椏もダメになる。
まさに「現場」で紙を漉く職人たちが痛感するこの事実。
そして、おいら自身も思う、この事実。
確かに家には何枚か気に入って買った和紙はあるけど使ってない。
気に入って買った和紙の商品はあるけど使ってない。
和紙が生きる道は、高級アイテムの世界なのか、普段着の世界なのか。
その両方に生きる道を作って行かなければ、もうどうにも立ち行かなくなる・・・のではねえか???
そんなことを考えながら企画した展覧会です。
今回の展覧会では、織田信生さん、松林誠さんという大好きな作家さんも迎えながら、
20-30代の若手作家やデザイナーが中心になって
「今」ある私たちの「フツーのくらし」の中で生きる(と思う)
土佐和紙のプロダクトを50個!提案します。
伊東屋や鳩居堂でも売れるようなものが生まれたら!と思っています。
※将来は東京・大阪・果てはトロントでの出張展まで計画中
使える和紙展-TOSAWASHI 50 PRODUCTS-
2009年10月31日~11月20日
いの町紙の博物館2階展示室
主催:いの町紙の博物館/土佐の山 紙資源の会
後援:高知新聞社/RKC高知放送/KUTVテレビ高知/KSSさんさんテレビ/NHK高知放送局/エフエム高知/いの町/いの町観光協会/高知県立紙産業技術センター/高知県手すき和紙協同組合
助成:平成21年度こうち山の日推進事業

■手紙の提案

50PRODUCTのなかでも、特に「手紙」は10人の作家さんとデザイナーが考えたもの。一部販売ありです。
okubo junko|asakozirusi|織田信生|formano|柴田ケイコ|竹村活版室|松林誠|丸岡敬子|PPRP 吉岡綾子|わだときわ

■プロダクトの提案
残る49のPRODUCTもほぼ全てを試作。文房具から服、小さな家具に至るまで、これからの試作が大変です。
井村佳奈/K & K/佐藤舞子/関川庸子/竹内麻貴/中村達志/橋本奈々絵/山崎光莉FLAT FURNITURE/和紙工房パピエ/タケムラデザインアンドプランニング
柴田ケイコ|PPRP吉岡綾子|わだときわ ほか
 
和紙展に興味がある方はついでに、ぜひぜひ→→→ 
に投稿

ビルの谷間で和紙を漉く

「使える和紙展」出展作家さんへの説明会は、
高知市内在住の紙漉きさんの自宅で開催。
で、その家の屋上の階段室みたいなところに小さな工房が。
窯と桶と薬品類。
すぐ横に洗濯機(紙漉用ではない)。
近くに一匹の大人しくてかわいい老犬。
すぐ横の屋上にはベンガラの和紙が板干し?されてたりして、これがまたいい。
電車やバスの音が響くビルの谷間で和紙を漉く。
冷房もない工房だけど、ビル風?で結構よく乾くらしい。
高知はなんとも奥深い・・・
に投稿

ノソノソ

 

よく呑んで喰った一週間。
土佐和紙の職人さんたちが企画し、
手伝わさせてもらってる「使える和紙展」の懇親会。
できれば東京や大阪でも来年あたりに移動展をかけて、
手漉き土佐和紙の魅力と活用法を一人でも多くの人に知ってもらえたら!
なんていう話しをしているところ。
こちらはおっさんばかりの飲み会。
高知の舞台に関わる人々を取り上げる「ステージン」第一号の慰労会。
文芸春秋かい!というくらい文章の多い雑誌で、
ふだんは知る由もない舞台の向こう側で活躍する人たちが次々登場。
コアでなかなかおもろいです。
飲み会は、なんつか濃い人たちばかりですた。
ノソノソ動いてます