に投稿 2件のコメント

Youtubeによさこいチャンネルつくったらえいに。


年がら年中どこでもよさこい見れたらえいに
今日もよさこい鑑賞。とはいえ愛宕で閉幕間際の30分ほどをパーッと。

明日おこなわれる全国大会はともかくも、ほとんどのチームは8月10日が終わったらまるまる一年間、その姿を見ることはない。嗚呼寂しい。
んで、ふと思ったこと。
どうせだったら、全チームの映像をYoutubeにアップしたらえいにと。
おそらくDVDにしたりするからアカンとか、音楽の権利がとかいろんな問題があるきアカンとかいろいろあるはずだけど、おそらくは大した枚数が売れないであろうDVDよりもYoutubeで幅広くアクセスを集めた方が、よっぽどお祭り全体の振興につながるんでないかと。



よさこいはもはや「ソーラン」なのである
試しにYoutubeで「よさこい」と打つと、ほとんど札幌のソーラン。
こらなるほど全国ニュースでソーランは流れるけど、よさこいは流れんはずじゃわいと。
何も知らない人が見たら、まあ普通は「よさこい=札幌」になるわなあと。

※今年のよさこいはニュースにもほとんどならんかった。某通信社の「不況でチーム数が減った」なんていう、どうでもいいコメントの記事を配信しているところがほとんど
DVDとの関係があるなら、各チーム3分とかにしてきっちり編集したのをYoutubeで配信する。「高知・よさこいチャンネル」とかチャンネルを立てたら見やすいだろうし、県外のよさこい知らん人に伝えたりブログとかで記事を書くにも動画があれば書きやすい。動画は各チームから提出させたらビデヲの質が上がるかも知れないし。
いい加減ネットに力入れたらえいに
やっぱ祭りも観光もある程度ネットや媒体を強化せねば。
・Youtube(高知関連といえば鉄道が中心)
・Wikipedia(高知関連の記事がWikiは弱い!)
・podcast(皆無でないか)
・Twitter(やりよらんきわからん)
その他・・・
総じて高知県はこのへんのネット関連がとっても弱い。blogも普及しているように見えるけど実際には「立場の近い人」たちが書き合っているというのが正直なところだし、「情報」が「情報」にまで昇華されていないような気がする。まあこれはブログの特性上仕方のないところだけど。

まあなんにせよ、今年の「ちょっと不況なよさこい」を契機に色々と見直してみるのもえいんではないかと。
全国に「よさこいの本場は高知ながです」なんていうてても、今更規模もなんもかんも立派な札幌に勝てるはずはない。ホントの伝統がある阿波踊りにだって絶対に勝てるわけがない。
それでも全国にこれだけ波及したお祭りだ。これだけ面白いコンテンツを放置しておくのはあまりにも勿体ない。今更ながらネットを活用してよさこいの情報をドンドン放流。
——
結局、情報の総量はそのまま祭りの元気の強弱につながる。
「よさこい読本」とポスターだけじゃあもう人は来ないのだ。
観光コンベンションなり振興会なり有力連なり、どっかが旗ふりしてやらんもんやろうか。
おひまならぜひ→→→

 

に投稿 2件のコメント

薫的神社夏祭り

そういえばホラバルのことを書くのを忘れてたんだが
先週の木曜だったかに薫的神社で夏祭りがあったのだ。
数年ぶりに復活したというお祭りで、
sumicaやmietteはじめ洞が島のお店が出店をずらり。
とはいえそもそも数年ぶりの復活祭だからお客さんも少なく、
ホラバルよりもはるかにノンビリと時が過ぎて行くのであった。
蝉を追いつめる子らと一緒に遊ぶうち、結局ビールを飲み続けてホドホドに酔う。
石屋も開店。
に投稿 1件のコメント

夏祭り東西対決

どーでもいいが、こういうのをみるとやっぱ悔しいのよね。

たしかに、たしかに、阿波踊りは毎年見たいなあと思いつつ今だ見に行けてないけど、

阿波踊りの584票に対しよさこい祭り322票つのはちと少ないのではないかと。
せめて450くらいは・・・
たまにはクリック→→→

 

に投稿 6件のコメント

油売り跳ね回る!今年の秋葉祭り。

2年ぶりに仁淀川町の秋葉祭りへ。
今年は中越家から秋葉神社まで見物。
鳥毛ひねりを落とすシーンが例年より少し多かったような・・・
さて動画は秋葉神社のクライマックス、沢渡の鳥毛ひねり。
成功するたびに油売りが飛び跳ねて、見てるだけで笑ってしまう。。。
秋葉さんは、油売りに会いに行くようなものだもんねえ。
に投稿 2件のコメント

今年は控えめよさこい見物

DSC_1875.jpg
やっぱり見ないと夏がこん。
それがよさこい祭り。
でも、今年はちょっと控えめにしか見ませんでした。
てゆか、あえて控えめに我慢してみた。
そしたら、来年はまた新鮮に見れるのではねえかと。

毎年10-11日は必ず市内あちこちをウロウロして見るんだけど、スコップもってウロウロしてるチームとかラジカセで踊るチームとか、年々変なチームが減ってきちゃって、みーんなプロくさくなってきてるのがなんか「ショー」を見せつけられているようでしんどくなってきちゃったんですな。
めっちゃすごいチームのあとに、しょんぼいチームがやってきて、ヤンキーチームが来たと思ったら幼稚園チームがくる。さらに正調がきて県外のチームがくる・・・そんな感じでいろいろ見れると楽しいんだけど、ここ数年で再びみんなスゴくなってきて(衣装がどこも同じになってきてますな)、見る方もいちいちほーっと溜め息をつかなきゃいかんようになってきたというか。追手筋で見なくなったこと(もっぱら愛宕・升形・帯屋町筋で見ゆ)やチーム数が増えたこともあるとは思うんですが。
で、今年は控えめに、初日だけ愛宕で見物。
トップの写真は高知新聞社+RKCチーム。なんか印象的でした。渋めだけどニュースケも踊ったりしよるし。新聞叩いとるし。意外とノリがえい。
DSC_1814.jpg
あと毎年いいなあと思う「梼原」も、いつものことながら衣装がいい。なんか地に足が着いているというか。おなじみのキンギョもかわいいし。また神楽の音とか使ってくれないだろうかね。3年くらいまえの梼原チームは、神楽の音が入っていてめっちゃかっこよかった。
あと写真はないけど「早稲田大学」ね。[わーせだわせだ、しあわせだー]とか歌いながら飛び跳ねる! ボーカルがかなりロッキンでしたが、見ててすごい楽しかった。こういうチームが減ったね、思わず笑ってしまうようなチームが。
あと、高松のチームもなぜか阿波踊りを加えた踊りになっていて、阿波踊り見に行きたい症候群中のおいらとしてはもう少し見たい感じ。やっぱりきれいよ。阿波踊りは。派手さはないけど見ててぞくぞくする。
DSC_1838.jpg
そして日本トリム。高知FDの選手も参加しているんだけど、基本的に子どもチーム。FDの応援歌?なんでしょうかね、なんかこれまた元気なこどもの歌にのせて踊っておりました。ちなみに今回高架の真下で見物したんだけど、どうも高音域の音がやたらと反響するらしく、高架の真下ではいつまでも日本トリムの子どもの歌が響いておりましたよ(本部席のあたりまで地方車が行っているのに、反響で高架の真下ではいつまでもそこに地方がいるかのように音が聞こえる)
なんにせよ、今年はかなり控えめにしたので、来年はもっと見たいもんです。

に投稿 2件のコメント

土佐の地芝居! 高野農村歌舞伎

DSC_6502.jpg
4年毎に一回開催される津野町の高野農村歌舞伎に、ようやく今年初めて行ってみた。
薄暮の頃からしんしんと冷え込む9時前まで、三番叟からはじまりお染・久松の物語まで3つの演目が演じられた。
まあ歌舞伎の細かい解説はおいらにはできないけれど、ぱっと見て思うのは上手い!ということ。
歌舞伎の決め所もきちんと決めてくるし、お笑いのポイントもしっかり押さえてくる。
まだ西畑デコ芝居は見た事がないけど、
土佐の地芝居の中では一番の本格派なんじゃないか?という印象があった。




四国ブログランキング

今度の5日はいの町で八代農村歌舞伎があるんだけど、
こちらは歌舞伎が地域の娯楽であった時代の姿を今に留める「おかしみ」が満載で、
多少?なところがあってもご愛嬌という緩さがあるように思えた。
技量よりもその豊かなおかしみが印象深く、
投げ銭が何度も何度も飛び交う光景もまた300年前に戻ったかのような雰囲気がある。
高野でも投げ銭は飛ぶ。だけど、八代ほどじゃない。
おかしみで魅せる八代と、本気で「魅せる」高野。
そう考えると、赤岡はちょっと何かが足りないかも。
伝統を引き継ぐことの重みがないゆえなのかなんなのか、

重要文化財指定を受けている廻り舞台の情緒も含め、こりゃまた4年後、ぜひ見に来たいなあと思ったことでした。
来週の八代も行かなければ!
高知は伊野の八代農村歌舞伎




ぜひ一度→→→四国ブログランキング

に投稿 3件のコメント

高知は伊野の八代農村歌舞伎

yashiro.jpg

 いの町枝川に脈々と伝わる伝統芸能「八代の農村歌舞伎」へ行って参りました。
 
この歌舞伎は地元の青年団が八代八幡宮に毎年奉納しているもので、よその歌舞伎や芝居が続々と倒れていってしまった中で、次の代へときちんとそれを引き継ぐシステムが生きてきたとされている。
なるほど確かに地域の子どもたちもみんな集まって踊ったり遊んだりしているし、若い人もたくさんいる。

 なにより舞台に上がっているのは基本的に20-30代以下の青年団メンバーで、舞台を見守るのはかつてその舞台にも立ったこともあるであろう地域のおんちゃんおばちゃんたち。芸を地域として引き継ぎ引き継ぎ、江戸時代の昔から今へと続いてきているわけである。
 6時過ぎ、まずは地区の最若手が演じる「式三番叟」と「大黒踊り」からはじまり、次に子どもが演ずる「白浪五人男」へ。主役である子どもたちが口上を決める度におひねりが舞台に投げ込まれ、時々そのおひねりが役を演じている子ども本人にぶつかったりのハプニングも。なんかすごいぞ。子どももこの大舞台で一歩も引いていないし、大人たちは子どもを見守り、応援する構図がよく見える。地域と子どもの関係というか、そんなのがきれいに生きているなーとやや感動。。。
 ここからが長い(笑) 幕間を利用して、枝川小学校の生徒による「ソーラン節」やカラオケ、女形の舞などなどのプログラムが絶え間なく入り、現代劇に近いのではないかというくらい笑える「豊年踊り」も演じられる。もう内容的には完全にクダけているんだけど、それがまた「型」にはまっていなくて、おいらのような伝統芸能の素人にはとってもわかりやすい。
 9時頃からはメインの歌舞伎「矢田の渡し」。これがまた、一人一人がきちんと演じているし、なによりかにより面白い。歌舞伎の基本の型は守りながら、その型にはまらずに演じている感じもした。そして、それが心地よい。。。

↑後半で「かかし」が「すずめ」を倒すシーンに注目
 6時に始まり、終わったのは10時。昔はこうした奉納芝居や奉納歌舞伎や地域の最大の娯楽だったというけれど、そのありさまがまさに現代に残っているという印象だった。これは十分娯楽になる。つまらんテレビをみているよりもずっと面白い。そして、なんでこういう場が日本から消えて行ったのか、ふとわからんくなった。
(11/5)




ワンクリックで救える百足館がある。四国ブログランキングで百足館にボランティア

に投稿

幽玄の舞! 手結の盆踊り【夜須町】

DSC02742_1.jpg

 今日は鎌倉時代の念仏踊りの流れを汲むという「手結の盆踊り」(県文化財、夜須町/ヤ・シィパーク)へ。ずっと前からすごい人手という噂は聞いていたんですが、やっと見に行けましたです。
 盆踊りいうても、よくある櫓を中心に太鼓とか叩いてただただ踊るのとはちと違う。踊り手は練習に練習を重ねた人々ばかり。はじめの20分くらいは静かな踊りが続くんだけど、後半は紅白の「紙総」が闇夜に舞う。なかなかの迫力。そして美しい!  一昨年行った池川神楽や秋葉祭りもそうだったけど、やっぱり伝統にねざしたお祭りは、見ていても楽しい。

 詳しくは音付きのこちらを参照。
 祭りの中盤に用意された花火大会は、水上花火。ヤ・シィパークの階段護岸からよく見える花火大会で、もしかしたら高知で一番見やすくて、一番迫力があるかも。。。そして、面白かったのは他のところの花火大会よりも観衆の反応が素直っぽいとこ。大きな花火があがるたびに、大きなどよめきが広がった。おいらはこれがまた楽しかった!
ランキング参加中! ぜひクリックをお願いします!

に投稿 1件のコメント

よさこい全国大会と後夜祭

yosakoi3.jpg

 よさこい終われば夏も終わり。なので思わず足のびる。
 今日はよさこい全国大会。その名の通り全国に飛び火した各地のよさこいの現場(いまやよさこい系のお祭りがないのは、京都や鹿児島等数県らしい)から50チームくらいが参加して、それぞれの踊りを披露。
 なんとも妙なのがYOSAKOIの火付け役を自任しているはずの札幌からのチームがひとつもないということだが、まあこれも時代の流れ? 東は東北から南は九州まで、各地からチームがやってきて「本場」での踊りを楽しんでいた模様。

 写真は高知城追手門入ってすぐの板垣退助像前にもうけられた会場。たぶんこの会場は去年か今年からの新設で、はじめてきたんだけどなかなかいい感じ。風情があるというか。
 なにはともあれ、また一年。
 
ブログランキング参加中。ぜひクリックをお願いします!

に投稿 9件のコメント

高知の夏は、やっぱりよさこい!

yosakoi1.jpg

 高知といえば、やっぱりよさこいなのである。今年は2万人近くが踊っている。。。30万足らずの街で2万人が踊っているんだから、よく考えるとすごい勘定だ。
 さて今年は2日目を秦→愛宕→中央公園の順番でみてみた。去年はいろいろあって見なかったんだけど、いざ見ると、やっぱり来年は何かしたいな〜とふと思うね。TACOでやっても面白いかも。
 写真は中央公園のラストを飾った旭食品。なんとも優雅で楽しくて、そして美人揃い。お面をかぶって早変わりしたり、キレのある踊りの連続に、よさこいもかなり進化したなあと思わず唸りました。一時期はなにもかもがYOSAKOIソーラン化してつまらなくなってたんで。

 今日は全国大会と後夜祭です!
ちなみに秦ではウキウキブギウギのukikiさんを発見!↓

ukiki.jpg

よさこい祭の歴史
よさこい祭競演場連合会
ネットでよさこい(ネットで練習して本番に挑むよさこいチーム)
★東京の方は表参道でもよさこいやりよります。ぜひに見に行ってみてくだされ。
スーパーよさこい2005(原宿・表参道/0827-0828)
灼ーよさこい進化論
四国ランキング1位奪還! でもまだまだ気が抜けません。ぜひワンクリックをお願いします。。。