に投稿 1件のコメント

アユをしゃくる。

はじめての経験。
アユのしゃくり漁。
ついぞこないだ、「旅たび高知」の取材で訪れたグリーンパークほどので出会った、まるで高田純次のような適当さと生真面目さを持ち合わせた兄さん「ほそやん」とミョーに意気投合してしまい、はじめて出会って3週間後、仁淀川のアユ解禁にあわせて漁へ出た。

起床は2時30分。もうただでさえ入校前で毎日2時3時という時期に、この時間から活動というのは酷すぎる。事務所で数時間仮眠して、3時30分には伊野の川の駅で合流し、ボチボチと吾北・上東のポイントへ。

ご案内いただいたのは、ほそやんと、3年前からほそやんと一緒にアユを捕っているという岡林さん。こちらはいつも旅たびで取材に出るukikiと山中とおいらの3人。前日に翌日のアユとの出会いを夢想するだけで興奮しつつ手作りしてくれたというしゃくりの漁具を譲り受け、川へ突入する。


写真は水中を探索する2人。結局このポイントではアユは一瞬しかいなかった。

しゃくり漁はきわめて原始的な漁。水面をハコで覗きながら、アユの動きをみきわめてハリでひっかけるだけ。しかし、ぱっと視界に入っても、あっという間に岩の向こうに姿を隠す。
そして、あめごはうようよしているものの、あゆの姿はなかなかそうはたくさんいないもの。だいぶ慣れてきた後半になると結構姿を見ることができるようになったけど、最初のうちはポイントもよくわからず川の中をさまようばかりだった。
結局釣果は旅たびスタッフはゼロ。ほそやんと岡林さんも各9匹で、いわく「最悪」。今年は上八川川でも上東も含め全体的にだめで、吾北中心部の少し上流になる寺野あたりだけがヒットしたのだそうだ。

下の写真は吾北中心部の上八川川でしゃくりに勤しむプロ級?の3人衆。一人が流れをせきとめ、残りの2人が瀬の水中のアユを次々にしゃくる。ずっと見ていると、その顔はまさに狩人というか、獣のような顔に見えてくるのであった。

に投稿

濱長めしうめ。

 

やっぱ濱長はおいしい。
日曜日は撮影で、これは終了後の夕餉の景。
いちいちおいしいのでニヤニヤ。
アーモンドの衣の海老とかはらんぼとか。
車でくるんじゃなかったというかんじ。
  

 

撮影は女将に若女将、芸妓さん総出でキャッキャと約3時間。
Kさん本当にお疲れさまでした・・・!
毒舌化進行中
に投稿 6件のコメント

うなぎ屋源内がウマー

KC3A0004
宝町のあたりは意外と食が充実してると以前書いたけど、
その真骨頂ともいえるのが「うなぎ屋源内」。
高知でも一・二を争う鰻の名店と聞いていたけれど、
いままで恥ずかしながら行ったことがなかった。
んで、よーやく昨日チャレンジ。
鰻丼(中)で1300円、これに肝吸を付けて1500円也。
サクサクしてて香ばしい! しかもボリュームの割に安くて満腹。
みごとにおいらのお気に入り鰻店の仲間入りです。
ちなみにすぐ近所には種崎から移って来たパン屋さん「オランジュ」があります。
□ほかのお気に入り鰻店
・京都・六角河原町西入ルの「かねよ」
・春野の「かね春」
・佐川の「大正軒」
うなぎ屋源内
午後11時30分~午後2時、午後5時~8時
088-875-0538 木曜定休
高知市宝町