に投稿

ひとりでウロウロするとイロイロ考えてしまう。


今日はなんだか事務所だとなんか眠くてはかどらないので、街で仕事をしようと思い、でかける。
が、その直前にNPO蛸蔵の登記が通ったということで法務局から電話があり、登記簿謄本や印鑑証明を取りに法務局へ。NPOの設立にかかわるのはこれで3つ目になるけど、いつまでたってもこのプロセスは面倒くさい。印鑑を一体いくつ押して、「この写しは原本と相違ないことを証明する」などと原本証明の短文を書いたことか。所轄庁も法務局も細かいところをきちんと指示してくるので、基本細かいことが苦手なおいらはどーしてもイライラするしかない。
まあそれでも、旧法務局に比べると全体的に作業がスムーズになっているようにも思えた。以前は登記部門と申請部門がごっちゃだったのが別々になったりしたからか、なんか待ち時間が短くなったような気がする。

さて、法務局に到着すると、なんだか一階でイカツイ服の男たちがウロウロとしておる。駅ウラに新しく建てられたこの灰色の全くもって魅力のない建物には、税務署と法務局、自衛隊が入っているので、間違いなく自衛隊だ。
どうも自衛隊のイベントかなんかがあるのか、胸にたくさん階級章も付いた服を着用したオジサンたちが忙しなく動いている。ついこないだ坂の上の雲を見たせいか、ちと軍服的なものに興奮する。やっぱ正直かっこいいわ。
最近なにかの記事かで、ガンダムの影響で日本の男子は軍事音痴が多くなっているとあった。普通、子ども時代の男子は戦艦や戦闘機が好きになったり一時期軍事にえらい興味をもつものだが、日本ではガンダムにそれが収斂されてしまうのだとか。
まあほんまかいなという感じの記事だったけど、おいらは超絶ガンダム世代ながらはまったのが小学校4年頃からだったこともあって、どっちかというときちんとその記事でいうところの「軍事に関心持つの道」をしっかりと通過した。
今の自分の思考パターンにもどっか通じるんだが、持っているプラモはほとんどがネームシップではなく二番艦が多かったような記憶がある。確実に作った記憶があるのが、武蔵(大和型の二番艦)、瑞鶴(翔鶴型の二番艦)、陸奥(長門型の二番艦)、矢矧(軽巡洋艦で阿賀野型三番館)。空母をあともう一個くらい作ったような気がするが、これにたくさん零戦や紫電改とかのすごい小さな飛行機を積んだり飛ばしたりして遊んでいた。
んで、その後はロボダッチや宇宙戦艦ヤマトのプラモ道を通り、小5くらいからはガンプラ→MSVシリーズへ突入。最終的にはNゲージにまで行って自分の中での模型道は80年代のうちに終わりを告げた。
てか今の子ってのはプラモとか作るんだろーか。最近のガンプラは、色を塗らないでもいいようになってたりするらしいんだが、それは本当に面白いのだろうかなどとどーでもいいことを詮索する。

まあそんなことを考えていたら、登記簿謄本があっさりできてきた。

で、街へ行く前に、看板の設置位置とかを確かめに工事中のアートゾーン藁工倉庫へ。あと2週間もせんうちに、mama!milkのライブ。3週間もせんうちに、全体オープン。内部は8割がたできてきているものの、なかなかこれは忙しない。実体がないこともあってなかなかその道の人たちへの広報がうまくできてないのも気がかりなところ。まあできたら後は流れるように流れていくのだろうけど、毎度のことながらイベント前というのはどうにも気が落ち着かないのだ。人は入るのだろーかとか、事故はないだろーかとか。まあしかし、四国全体の文化観光に資するものとして、何かこの場所が役に立てばうれしいもんだ。

さてようやく街へ。ひろめに停めて、まずは街を一周。どんどん日程が遅れて来月末発行予定でようやく決まった「商店街のまだ拾い出されていない魅力を知ってもらえるようなフリーペーパー」のネタ探しだ。
とはいえ、普通に歩いていてもやっぱそうそう見つからない。気がつくのは、去年「OBIBURA MAP」を作った時に行った店が無くなっていたり、新しい店になっていたりすること。なんだかんだいうても、まだここの商店街は他所の地方都市に比べたら新陳代謝が進んでる。
イオンやネット時代の中であんまり必要性がない扱いされてしまう商店街だけど、やっぱこういうところがないと、「都市」じゃないわなあ。イオンはやっぱどうしても逆に田舎臭い。都市の魅力っていう話につながらないわなあ。でもイオンにやっぱ人は行くわなあ、便利だし、などと思いながら、金高堂へ。
ここでちょっとデザインの参考になりそうな本を探していたら、駅弁学会のE氏にばったり遭遇。普通金高堂の3階なんてあんま人こないところなのに。TCGの見本市の帰りだそうで、踊り場のところで鉄道話やら駅弁話やらでミョーに盛り上がる。思えば高知で鉄話できる人、この人だけなんよねえ。駅弁学会も事実上活動ストップ状態だけど、まあどっかで仕切りなおしして、駅弁業者や鉄道事業者の生業の立ち位置から提案できるような形にしていきたいもんだと思う、久しぶりに。

結局2時前に出たのに、喫茶店に到着したのは5時すぎのこと。今日の街で見たこととかも踏まえつつ、12ページの構成を検討する。よく考えたら、台割考えるときはだいたいいっつも喫茶店かマクドだ。なんか事務所や家だと台割用の脳味噌にならないらしいなあとはじめて気づく。
ほんでここで街在住のO氏にネタ探しで電話したところ、ちょうど近くにいて、久しぶりに珈琲。イロイロと最近の街ネタを仕入れる。
で、聞いたことを纏めようと先日買ったばかりのMacBookをだしてFON接続しようとすると、なんだか妙にうまくつながらない。wifiって便利だけど、見えなさ過ぎてやっぱよくワカンネと思う。

そして、wifiがなんかうまくいかないときの変なざわめきは、5月に仙台と石巻を訪れた時に通った福島で感じたザワザワ感とどっか似ていると思った。車窓に映る福島は、本当に綺麗な街だった。しかしこの街のあちこちにホットスポットがあるわけで、この山々の向こうには福島第一がある。どうしようもない、心の奥の方で蠢く、カサカサ、ざわざわ。
でも、自分はこの街には住んでいないから、最終的な感覚はよくわからなかった。あくまでただの通過する人間の感じ方だった。
で、余りにも些末な比較なんで困るけど、wifiにつながったりつながらなくなったり、その原因がわからなかったり、でも解明のしようもなくて、というこの状況の向こうに、なんとなく福島に暮らす人たちの不安感がほんの少しだけ立体的に感じられたような気がした。
高知もセシウムかなんかが山中に落ちている可能性があると数日前にネットで流れていた。どうしようもない不安感。でも、どうすることもできない不安感。やっぱり、こんなことが日本の日常になるなんて、本当に寂しい。

に投稿

蛸蔵と藁工ミュージアム

 

藁工倉庫。
江ノ口川一文橋のほとりに建つ、高知市内ではもう最後ともいえる土佐漆喰の倉庫群。
この倉庫群を失われそうだという危機感を持って「高知遺産」で紹介したのが2005年。その後、高見町の物件を追われたgraffitiが入居したのが2006年冬、ART NPO TACO運営による蛸蔵がオープンしたのが2007年冬。以来5年を経て、現在のgraffitiや蛸蔵のある一文橋西側だけにとどまっていた「アートゾーン」的なるものが東の倉庫群へとさらに広がることになる。

今回、この東の倉庫群にできるのが、美術教育を受けていない人の作品「アールブリュット」の作品展示を行う新しい美術館「藁工ミュージアム」と、その付属レストランとしての機能を持つ「土佐バル」、そして移転再オープンすることになる「蛸蔵」だ。
運営を行うのは土佐茶カフェなどを仕掛けてきたワークスみらい高知とその仲間たち、的な感じで、この3つのうち「蛸蔵」の企画についてはおいらも所属するART NPO TACOのほか高知県自主上映映画団体ネットワークと演劇ネットワーク演会、数々の音楽イベントを仕掛けるterzotempoで立ち上げたNPO蛸蔵(理事長はおいら)が関わって行っていく。
で、ここんとこ毎週水曜日はアートゾーン全体の関係者一同で集まって3-4時間の会議を開いて諸々の準備を進めているのだが、昨日は1週間と少しぶりに新しい蛸蔵をみんなで覗いてきた。この1週間で一気に内装が立ち上がってきていて、倉庫兼楽屋的な空間の壁ができつつあって、静かに興奮。まあそりゃあと2ヶ月後にはオープンしているわけなんで遅いくらいといえば遅いくらいなんだけど、こうやって建物が建ち上がっていくとやはりなかなか感慨深いもんだ。

グランドオープンは12月23日。それに先立つ18日と19日には新蛸蔵でプレイベントとしてライブも開催する。新蛸蔵のこけら落としを飾るのは、mama!milk。もともと現在の旧蛸蔵を立ち上げるにあたっても、とにかくmama!milkにやってほしいという思いがあって、実際にこれまで2度演奏会を開いてもらった。なので、新蛸蔵でもこけら落としはmama!milkにお願い。今回は「Nude」というすんばらしいアルバムをテーマに演奏。ほんま、これはやばい時間が流れることになると思われ。

 

以下、18-19日のプレイベントと23-25日のグランドオープンイベントの概要。まだ細かいことはちょっと書けないことも多いのでアレだが(講演会等の出席者が確定次第追記していく)、あらまし、ということで。あと、11月に入ったらホームページも開設するのでそちらをどうぞ。蛸蔵の一般貸出受付も近日スタートします。

 

12月18日

19時00分〜 <新蛸蔵オープニング記念演奏会 第一夜>
mama!milk 冬の演奏会 Dialogue for’Nude’

12月19日
19時00分〜 <新蛸蔵オープニング記念演奏会 第二夜~夜をくぐる>
WATER WATER CAMEL+森ゆにライブ

12月23日
11時00分〜 餅投げ、祝辞等
12時30分〜 ランチパーティ at 土佐バル
14時00分〜 記念対談
19時00分 〜<新蛸蔵オープニング記念演奏会 第三夜~クリスマスの足音>
tico moonライブ

12月24日
10時30分〜 講演会
13時30分〜 講演会
15時30分〜 映画「海洋天堂」上映会
19時30分〜 <新蛸蔵オープニング記念演奏会 第四夜~光と影の小さな旅>
トウヤマタケオ(音楽:ピアノ)、nakaban(幻燈)

12月25日
10時30分〜 映画「ピュ〜ぴる」上映会
12時15分〜 監督トークライブ
13時30分〜 映画「ピュ〜ぴる」上映会
16時30分〜 イブニングパーティ
19時00分〜 坂田明&ジム・オルークライブ
21時30分〜 ナイトパーティ at 土佐バル

 

 

に投稿

土曜の夜は!

寒くなってきたら、なんかiTuneでかけたくなる。
しかも、昼よりも夜。
なんかビミョーに仕事がはかどるよーな気がする。
ほんで、家に楽器はないけどなんか楽器触りたくなったり、
なんかとりあえず酒が飲みたくなる。
来週末14日、蛸蔵で演奏するmama!milkの音楽は、そんな音楽なのだ。
只今チケット発売中。DUKEやgraffiti、terzotempoなどで発売中。
前売り2500円、当日3000円。
お急ぎの方は蛸の本屋さんでお買い上げいただけたら、
当日会場にチケットをお取り置きしておきます。
18時から開いてますので、のんびりお酒でも飲んで時が来るのをお待ちくださいやし。
食事は山北のdenさんとmongomongoさんです。
まだ座席には余裕がありますが、ドタバタで高知は埋まって行くことが多いですので、
早めに買っておくのが吉です。。。
おヒマならヨソも→→→ 

 

“mama!milk 秋の夜長の演奏会”

 11月14日(土)蛸蔵 
 (高知市北本町4丁目1-23 藁工倉庫   (graffiti隣) 

 ※駐車場はございません。お越しの際は公共機関をお使いください。
 088-878-0051(graffiti)
 open 18:00 start 19:00

 前売り ¥2,500 当日 ¥3,000
(ともに 1drink別)
 チケット取り扱い 
d-ticket
 蛸蔵チケット、terzo tempo、den
 主催:terzotempo + 
    Takemura Design & Planning
 お問い合わせ:テルツォ・テンポ 
 080-6559-2013   

 terzo.tempo@hotmail.co.jp


生駒祐子(アコーディオン)と、清水恒輔(コントラバス)によるユニット。
世界各地の様々な空間ー古い劇場、豪華客船、寺院等で演奏を重ね、
その美しく自由な音楽と、艶やかなパフォーマンスが絶賛されている。
最新アルバム「Fragrance of Notes」がイギリス国営放送 BBC Radio1「Worldwide」にて
「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー 2009」を受賞するなど、
ジャズ、クラシック、タンゴ、現代音楽…..そんなジャンルの枠を越えて自由に奏でられる
mama!milkの濃密かつ独創的なサウンドは「Cinematic Beauty」とも評され、

国内外で大きな反響をよんでいる。(視聴はこちら 
に投稿

mama!milk、高知へ!

 

大好きすぎてたまらんmama!milkさんが蛸蔵にやってきます。
これまでもCAKEや牧野植物園で演奏してきましたが、
今回はgraffiti横の蛸蔵。
terzotempoとタケムラデザインの共同開催という形です。
ちょっとヒンヤリしはじめたくらいの蔵で、
バスとアコーディオンの音色をお楽しみください。
2部構成でお送りする予定です。
mama!milk 秋の夜長の演奏会
11月14日(土)蛸蔵
(高知市北本町4丁目1-23 藁工倉庫(graffiti隣) 
※駐車場はございません。お越しの際は、公共機関をお使いください。
088-878-0051(graffiti)
open 18:00 start 19:00(途中入場は1部終了後です)
前売り ¥2,500 当日 ¥3,000
チケット一般発売 10月上旬より開始
チケット取り扱い d-ticket、蛸の本屋さん
主催:terzotempo + Takemura Design & Planning
お問い合わせ:テルツォ・テンポ terzo.tempo@hotmail.co.jp
おヒマならヨソも→→→ 
に投稿

秋の夜長のmama!milk。

 

photo: Toru Imanishi
この秋、11月14日、蛸蔵にてmama!milkの演奏会を開催します。
いまを遡ること7年くらい前、まだ帯屋町にあった頃のCAKEで聴いて以来
ずーっとしずかに聴き続けているmama!milkです。
2年くらい前に丸亀のMIMOCAでの演奏の時に挨拶させてもらい、
また高知でやってください!とお願いしてたらついに実現です。
mama!milk演奏会(仮称)
2009.11.14[sat]
18:00open 19:00start
会場:蛸蔵(駐車場はありません)
チケット:前売2500円/当日3000円(+1drink order)
主催:terzotempo+Takemura Design & Planning
※販売は10/1より予定
おひまならぜひ→→→ 

に投稿

terzotempo

今日閉店間際の無印で明後日の結婚式で下に着るシャツだとか買ってたらバッタリ佐野夫妻に会う。21時以降のイオンは、なんだかんだと人に会う。

佐野君はterzotempoという音楽がまったり楽しめる喫茶を桜井町で開店予定。雑貨屋カフェマップでは1月オープンの予定で書いていたんだけど、いまのところもう少し先になるらしい。。。
んで、佐野君には最近いろいろお世話になってる。音楽のプロ(というと謙遜しそうだが)の彼なので、結婚式の音のチョイスをお願いしたり、二部で行なうyummydanceの音出しをお願いしたり。一方、蛸蔵で3月5日にterzotempo主催の「湯川潮音とロンサムストリングス」高知ライブがあって、そのチラシをおいらの方で担当したり。持ちつ持たれつ。
写真はterzotempoのカウンターにて、めっちゃ美味いキンツバをいただいているとこ。やっぱり家に美味しい和菓子のひとつでもいつでも置いておきたいもんだ。
 

に投稿 2件のコメント

Ogurusu Norihide little winter live

ogurus.jpg
どこまでも透明で静かで、あたたかい。
京都在住の音楽家・オグルスノリヒデ、一年ぶりの蛸蔵ライブです。
オグルスノリヒデ little winter tour
冬の蛸蔵にあたたかな歌声が帰ってくる!
京都在住の音楽家・オグルスノリヒデが、
高知・松山・丸亀の連続ミニツアー
「little winter tour」で一年ぶりに高知に帰ってくる。
彼の歌声は、やさしい。どこまでも透明で静かで、
だけど心の奥からジワジワ元気になってくる。
ライブはワンドリンク付きで、フードメニューはterzo tempoが提供。
去年は聞くことができなかった人も、
今年はあたたかい歌声に包まれてはいかが。
会場;蛸蔵(高知市北本町4丁目1-23 藁工倉庫)
2008年12月5日(金)
open 18:30 start 19:00
ticket 2000yen with 1drink
予約
ogurusu@aqua.dti2.ne.jpまでお名前、人数をお知らせください。
詳細
http://www.boreas.dti.ne.jp/~ogurusu

に投稿

ふわふわと。

DSC_7833.jpg
蔵の空間にふわふわと浮かぶ、タイトルどおりアリソデナサソナ服のいろいろ。
ただいま、graffitiのとなり・蛸蔵にてChika Yamamoto Exibition8 [arisode nasasode]が開催中。
京都を中心に活躍する「布の魔術師」Chikaさんが編み出した、
袖だらけのスカート、鞄のような服、カフスのついたマフラーなどなど・・・
服のデザインというよりも、「設計」という言葉がしっくりとくる、
服づくりのアイデアを縦に横に組み立て直したような16の服たちがフワフワしてるのだ。
12月1日には、ogurusu norihideさんの高知初ライブも開催!
土壁むきだしの蔵に、ogurusu君の甘い声がはんなりしっとりと響きました。
残念ながら参加人数は思いのほか少なかったのですが、
その分じっくり聞き込むことができて、ある意味良かったのかも。
DSC_7899.jpg
明日4日はお休みですが、来週10日までarisode nasasode展は開催中です。
服には興味ねーよという御仁(自分とかその典型ですが)も確実に楽しめます。

DSC_7946.jpg
ちなみに1日のイベント終了後は例によって「はがじぞう」へ。
気の効いたマスターの計らいで、鰹のたたきからウツボのたたき、青のりの天ぷらなどなど
京都じゃ食えない食材いろいろ+土佐の地酒全10種の飲み放題。
写真は青のりの感動中のogurusuさんです。




四国ブログランキング

に投稿 2件のコメント

11月28日から、Arisode Nasasodeスタート!

arisode.jpg
Arisode Nasasode
Chika Yamamoto exhibition 8

蛸蔵でのイベントのお知らせです。
今回は京都のファッションデザイナー Chika Yamamotoさんをお招きして、2週間にわたり展示を行います。12月1日にはワークショップとogurusu norihideさんのライブも開催。高知じゃなかなかおめにかかれない、それどころか四国でもレアなイベントです。

日時:2007.11.28(水)〜12.10(月)
場所:蛸蔵 高知市北本町4-1-23 藁工倉庫
問:088-878-0051(graffiti)/taco@xf.moo.jp
あり袖スカート、なさ袖コート、あり袖マフラーになさ袖シャツ。
見て着て楽しい、袖にまつわる服やバッグ、小物を作りました。
京都から高知へ「初めまして」のCHIKA YAMAMOTO Exhibitionです。

カフス作りのワークショップ
シャツなどのそで口についているカフスを、
ちくちく手縫いで作りましょう。
材料は全てご用意します。手ぶらでお越しください。
日時:2007.12.1(土?13時〜17時(受付は16時まで)
   2007.12.2(日)13時〜18時(受付は17時まで)
参加費:1,500円(1drink付)

ogurusu norihide ライブパーティ
日時:2007.12.1(土) 18時開場/18時30分スタート
参加費:2000円(1drinku付、ちょっとフード付)
http://www.boress.dti.ne.jp/?ogurusu/
※とでん宝永町電停より徒歩8分、南金田バス停より徒歩1分。
駐車場の台数は限られていますので、12月1日はできる限り公共交通をご利用ください。
はりまや橋や愛宕方面からは、土佐電バスイオン高知線が便利です。
10〜30分おきに運行しています。

に投稿

秋のはじめのライブ一発

DSC_4918.jpg
書ける時に一気に書くぞ状態ですが。
先月のはじめ、MIMOCAの「SKY」に行って参りました。
mama!milkとogurusu norihideの、みっちり濃すぎる3時間。

ちょっと秋の気配がしはじめていた一日で、
「風の音と、水の音を楽しみながら聞いてください」というmama!milkの生駒さんの言葉がぐっとしみじみ胸に刺さります。
ogurusu norihideさんは、11月に蛸蔵でライブも予定中。きれいな声と、きれいな歌詞と。そして静かに関西ノリ。ドライブしながら聞いていたら事故りそうですが、草っぱらとかで聞きたい音楽でしたなあ。なにはともあれ、蛸蔵で高知デビューですきに。ほんのりしにきてほしいもんです。
そして、mama! milkは、もうホントに好きで好きでたまらんお二人さん。ライブ終了後、意を決してサインをいただきましたよ。さらに設備はないですが蛸蔵でもやってくださいと。「箱と人がいれば大丈夫」!とのありがたい、ありがたいお言葉。来年あたり、やりたいなあ。
などと思案中。




ぜひ一度→→→四国ブログランキング