に投稿

MEGA QUAKEがきたらば。

しばらく書いていなくて、久しぶりに文章を書き出すととまらない。書きたい欲が堰を切る。で、また欲が空っぽになったらしばらく書かなくなる。毎日ブログを書き続ける人々のその文章欲たるや、なんとすごいことかと思う。日々ネタを探していなければ書けなくなるのではないか、書かないと寝付けなくなるのではないか、はたまた書くために日々を生きなければならなくなるのではないかと少々余計な詮索をしてしまう。

今から5-6年前は、毎日のように書いていた。まだその頃は安穏とした会社員だったし、何を書いても別に良いような感じがしていた。ブラックな話ややや攻撃的な話でも、書きたいから書くというような姿勢で書いていた。守られてるのってすごいと。

だけど、自営業を始めるとそうもいかなくなった。なんとなく、書きづらい。かつてと違い、文章や写真、思ったことといったネタは、仕事と完全に表裏一体のモノになってしまったし、あまりこっちでそういうのを出し過ぎると仕事でやることがなくなってしまう、そんな問題が発生してしまった。また、日々思うことでオイオイと思うことは数あれど、それに関わる人を知っていたりすると当然書きにくい。大人はそんなこと書いたりしないもんだと言われることもあるけれど、そういう議論や討論がなくてなんでもかんでも伸介みたいに「ステキやん」で収めるからいろんなことがフニャポコンなんだとイライラしたりもする。

まあなんにせよ、婉曲して書くのもなんかつまらんし、文章を書いて余計なストレスを抱えるのなんてゴメンこうむりたい。ましてや、オイオイと思う先が取引先とかだったりすると当然さらに面倒。だからそういう文章はすっかり書けなくなってしまった。裏ログでもやりゃいいんだけど、文体で多分ばれるだろうし結局やることもできない。facebookあたりをそんな使い方にしようかなと思ったこともあったけど、それ以上に友達申請が多いのでそれも無理になっちまった。

さらに、たまに人からたまに書かれてますよね、たまに読んでますよ的な振りをされると、やっぱ人として悪い気はしないのでまた書こうと思うのだけど、そういう理由ではまた文章欲が高まっているわけではないので(単にその人にいい顔をしたいだけだ、しかもその人がまたすぐここに来るかといえばそうでもないし)、結局書きかけの文章だけが溜まっていくことになる。

だから、人のブログもすっかり見なくなった。なんか、自由に書けてる人が羨ましく思ってしまいそうで、また下手をすればオイオイとか思い出しちゃったりもしそうで、ほとんど読んでない。つくづく面倒な人間性だなんて思いつつ、我慢するためにBLOGOSあたりを読みに行くと、こっちはこっちで平気で誤字脱字だらけの文章があちこちに。1個2個の誤字脱字ならともかく、推敲してないからなのかいいまつがいのオンパレード。日本語って確実に崩れだしてるよななんてこっちでも思い出したら、これはこれで一エントリー書けそうだなんてことを思い出す。

で、自由に最近やってんなと思うのが(一部の)地震学者。関東直下M7クラスが4年以内に70%とか、東海〜南海〜日向灘大連動M9.0-9.2とか、三陸沖アウターライズ地震とか北海道沖〜青森沖M9が近いとか房総がやばいとか富士山がやばいとか、それはもう雨後の竹の子のごとくで、阪神大震災以来素人なりに地震のことを勉強してきた中で「聞いたことのなかった話」が次から次へと出てきている。

しかしなんというか、1年前まで「日本ではM9はない」としていたはずなのに、一回「想定外」で起きた途端に「日本全国太平洋岸ならどこでもM9がきますよ、しかもどこも逼迫度高いですよ」に変わるのは、なんというか、ちょっと信用ができなくなってしまう。こないだの東大地震研究所の関東直下M7-4年以内70%説も、その元PDFを見に行くと去年9月までの余震レベルが今後も続いた場合の話で、それから以後の4ヶ月間の余震の逓減は反映されていない。なんで今発表したのかなと素直に思ってしまうし、なんか田中宇的な見立てで裏があるんじゃないかと思ってしまう。だいたい「関東直下」でM7なら元々いつでもあり得る話で、それが曖昧な状態で発表に至るのもちょっとわかりにくい。なんにせよ、最近の「逼迫」学説はどれもこれも雑誌「ニュートン」みたいな話じゃねえかとついつい思ってしまうのだ。

なんかここまで「想定外」レベルの地震が「逼迫」してるよということになると、これはもうもしかしたらかつて「東海地震予知」じゃないと国の予算がつかなかったけど、今後は「連動」「M9」でないと予算がつかないようになったのではないか、なんていうことを思ってしまう。そして、そこには「想定外」が「標準」になることでもたらされる経済や社会の混乱ってものがあまり想定されていないようにも思える。

おそらく今年の春くらいに出るであろう超巨大型南海地震での津波想定は、高知県にとってかなり厳しいものになるんじゃないかと思う。津波は今の倍とか1.5倍とかになるだろうから、沿岸部はすべからく三陸の諸都市以上の被害を受ける想定になるだろうし、高知市も2mの沈降では済まない話になるだろうから、もしかすると紀貫之の時代のように浦戸湾が大きく市内にまで広がってしまうようなことになるかも知れない。

 

だいたい高知平野はもともと1000年たらずの歴史しかない。紀貫之がウダウダと言いながら土佐を後にした頃、浦戸湾は福井まで広がっていて愛宕山(中津)や小津のあたりは港だった。それからたった600年後の江戸時代にはほぼ今の浦戸湾の湾形ができているから、600年で浦戸湾7河川がこの平野を土砂で埋めたという話になる。たった600年で埋まるのか?というのもよくわからない(一方で少なくとも100年おきに高知平野あたりは1-2m沈降するはずなわけで)が、3m以上沈めばこんな感じに再び戻ってしまう可能性もなきにしもあらずだろう。そもそも、もしかするとこの地形もいずれかの南海地震で受けた爪痕のすがたかも知れない。

で、春に出る想定はこんな紀貫之時代ほどひどく無いかも知れないけれど、これまでの宝永安政級をベースにしていた想定よりは遙かにひどくなるだろう。これまではどちらかというと西部が大被害という感じだったのが、震源域が西に北へ南へと広がっていくことで安芸や奈半利などの東部諸都市の被害も大きく出るだろうし、土佐湾の扇のど真ん中の高知平野はちょうど仙台平野がそうだったようにこれまでの想定よりもずっと奥深くまで津波がやってくる羽目になる。震源域自体、四国全域という設定に変わるかも知れないから、高知平野や高岡、須崎あたりはこれまでの設定よりもさらに沈んでしまうだろうし、室戸や足摺はさらに上がって港が使い物にならなくなるという想定になるかも知れない。大阪や名古屋もしかり。

そうなったらどうなるか。「想定外」クラスを想定することは決して否定できるものではないけれど、それを基準にしはじめるともう日本の太平洋岸の都市部なんて使い物にならなくなるんじゃないか。事務所の物件探しをしていた時、高知市下知の物件が急激に値を下げていることがわかったけれど、高知なんて地震が来る前に亡所になるんじゃないか。

もう二度と想定外と言いたくない意地はあると思うし、実際大連動したと思しき証拠も次から次へと出てきているし、上の図のように高知がなる日のことも想定しないといけないのかも知れない。その時は、その日が来るまでの命と思って生きるしかないのかとも思ってしまう。でも、そんな切ない生き方は正直イヤだ。

最大級の想定は想定以上に社会を壊す可能性だってある。素直に考えれば、20-30年以内にこんなことに(確実に)なるのなら、高知や大阪、名古屋あたりではもう何もできない。投資なんてもってのほか、住むことなんて怖くてありえない。でも、その確率は○%と当然ながら曖昧だ。

というわけで、高知の未来がどうのこうのと考えるとき、一番目の前の、手前にある心配が、この新しく出されるであろう津波想定、というお話。高台に引っ越しした方がいいんかな。

 

に投稿 5件のコメント

東西軸活性化プラン、まとめ時期に突入。

最近は図書館や歴史館の陰になり、あんまり目立たない東西軸活性化プランもいつのまにやらまとめ時期。おいらも東西軸のいろいろある委員会のうち、中心街活性化のプロジェクトチームに入っているんだけど、委員会での議論は毎回みごとに消化不良。おいらは病気や出張で2回連続で欠席中だけど、出席している方何人かにどーでしたー?って聞いても、おしなべて「うーん」というお答えばかり、という状況が続いているよーだ。



東西軸活性化プラン素案たたき台への意見

1.東西軸活性化プランたたき台について

それぞれの計画とも、なんとなくユルい感じがしています。どちらかというと観光客のために商店街を無理矢理観光地に仕立てようとしているというか、そんな感じがします。

観光客は、基本的には「知らない町」の「商店街」には用事がないと思います。夜の飲食の楽しみはもちろん期待されますが、昼の商店街にはそれほど用事がない。

日本の各地を旅行していても、商店街にいろいろ仕掛けがあるからといって訪ねることはごく稀です。いろいろやれば一時はくるでしょうが、観光客に逃げている限り商店街を構成する商店は極論すれば京都の新京極のようになるのではないでしょうか。

京都は高知県の何倍もの観光客が来ているから、新撰組グッズに溢れた新京極でも成立します。また、新京極の周辺にも(ここ10年で盛り上がり、あっという間に衰退した)三条通のレトロな町並みや錦市場、幕末の志士関係の碑など見所が多くあり、しかもその歴史的価値が高いものが多いから単なる碑でも「背景を聴く」だけで楽しいものがあります。ああ、ここで歴史が動いたのだと。

だけど、高知はそうではない。まちあるきもやりたいことは分かるんですが、冷静になって考えた時に東西軸の範囲内で世にいう「町歩き」の質/量があるのは高知城~山内神社付近だけなんじゃないかと。あとは、ギリギリで半平太切腹の地と、東洋暗殺地くらいなもんですが、これも未だに風情を残している京都の半平太寓居地跡や土佐藩邸跡/土佐稲荷などが残る京都に比べるとイマイチすぎる。

また、肝心の商店街の魅力という点で考えるとどうか。OBIBURA MAPで取材した店舗でも既に撤退店が出てきているのですが、飲食店や買い食い系の飲食店の割合が相当に減り、物販は全体的には高齢者系の服飾が多め(それはそれで素晴らしいです)。映画館やギャラリー、オープンカフェといった滞在型の店舗も少なく、大規模書店といった都市型の文化力、吸引力を感じる店舗もエリア内では少ない。B級グルメの話も出ていますが、現段階でB級グルメらしいものもエリア内ではほとんどない(夜のラーメン屋台ぐらい)。高知らしさを感じるエリアとしては大橋通があり、こんなところはヨソの地方都市の商店街にはないので非常な強みだと思いますが、それ以外のエリアは残念ながらここ数年で普通の感じになっているように思います。

要は、仮にも30万都市の中心商店街という割には、都市が持っていてほしい文化力ある商品構成の店が少なく、かといって愛宕などでみられるような「地元密着商店街」的な店も少ない(たとえば八百屋やパン屋さんがほとんどない)。

もちろん今あるお店もなかなかいい店があるのです。OBIBURA MAPの制作時も、へえ!こんな店が!という出会いはいろいろありました。まだまだ掘り出せばあるのは確実ですが、残念ながらMAPを例えば毎月出せるかというと、それをするには余りにも少ない。まあ毎月出す必要はないですけど。

つまり、観光客からしても、地元市民からしても、ちょっと「これだ!!!」っていえるような、みどころがいつの間にか街からずいぶんと少なくなってしまっていると思うのです。それだと、情報発信もしたところで意味がないですし、まちあるきしてもらったってつまらないもんです。

東西軸構想を読んでいてもなんか「フワフワ」した感じがするのは、構想全体に通じることとして、現在の東西軸エリアに関わる冷静な分析がないからなんじゃないかと思います。行政で揉んだとはいえ、委員会として分析したかというとその時間はとてもなかったし、毎回2時間の会では話すにもはなせない。また「強みを余すところなく活かす」というわりには、その強みの検証がいまいちよくわからない。

だから、なんとなく読んでいても「こんなんでいいのかなあ」と思ってしまうし、商店街の方たちもどっか冷めてこの計画をみている・・・そんな気がします。

商店街が真っ向勝負しなきゃいけない相手がなにかといえば、まあ普通に考えればイオンなどの超大規模SCやコンビニ、郊外型店舗だと思うのです。そして最近ではなんでも買えるネット。この10年で壊れた商店街の原因は単にその2つにあるわけで、それにギリギリの細い糸の上で対抗するのが東西軸構想であるわけです。

また、悪いことに龍馬伝バブル終了後の高知は観光客も2-3年以内に元通り+@程度になるのは確実だと思うなわけです。どんなに頑張ったって、地理的に高知県は難しい位置にあるので、観光客の実数を増やすのは根本的に難しい。高知を原点に考えたら、たとえば鳥取や石川、鹿児島あたりはめちゃ遠い。観光に行くことを検討しているうちに、それぞれ島根や京都、大分や福岡あたりになっていたりする。むろん取り込む努力はし続けなければいけないし悲観しているわけではないけど、商店街活性化の頼みの綱とするにはちょっと細すぎるような気がするのです。

私は、来た人の多くは基本的には高知を気に入ってくれると思っています。が、これは夜の高知の面白さと日曜市の面白さ、小さなお店や人の魅力の力がとても大きい。高知を気に入ってくれる客をしっかり離さず、さらに商店街にまで来てもらうようにするのなら、店の多様性やコダワリ店の豊富さ(夜の高知はこれが実現されてる)といった、商店街の本質部分こそ磨くべきだと思うのです。

そうだとすれば、それぞれのお店の価値を上げるよう誘導するための工夫や、飲食が減って業態が平板化している商店街一帯の雑多性をどのように復元するのか、そのことの方が先でしょう。

歴史館や図書館ができれば、人の流れが戻るという淡い期待はあります。彩り多様な東西軸構想の全事業が実現できれば、少しは人が戻ってくるのかも知れません。だから、委員会をやるよりも、やれることからさっさとやるのでもいいとは思います。

だけど、、、この東西軸の事業計画に、もう1ページ、商店街の「商い」をどう創るか、そこをもう少し入れないことには、結局10年後にはシャッターペインティングを学生にしてもらうのが「商店街活性化」なのである、なんていうことになってしまうのではないかとも思います。もうここまで商店街が沈滞してしまったのなら、ほんまなんでもいいから「商い」がうまれるチャンスをつくらないといけないと思うのです。

じゃあなにができんのか。とりあえず適当に思いつくだけでも、

1.固定資産税や相続等に関する免除や減免など時限特例の設定

2.改装店舗への超強力な融資制度

3.新規参入者や後継者への超強力な融資制度(時限)

4.エリア内での住宅開発や老健施設による買住接近型都市の構築(図書館とセット??)

5.アーケード内道路を私道化し、警察の指導不要の「自由に使えるアーケード」への転換(私道になったらそうなれるのかどうか、よくわからないのですが)

6.市役所等の一部部局の空きビル等への移転による人口移動

7.路面電車やバスの東西軸近辺の一部区間の無料化設定(ですか使用)

8.空き店舗を取り壊してフーッと休めるミニ公園の設置

9.商店街全体でのネットショッピング
10.駐車場の日曜限定の無料化実験(既存駐車場へ損金補填)
11.日曜市の空きコマの段階的な開放(業態は制限するが複数人での使用OKとし、春は魚、夏は加工品、秋は野菜など、旬ごとの店づくりができるようにする)
12.市役所・県庁職員の給与のほんの超一部でも商店街のチケット物納に転換
13.年間たったの10円の高知市の東西軸税の徴収(10円なら年間340万の財源。)
14.チャレンジショップ(ただし、前のよりもっと本気度高め)を再開
15.「ですか」と連携したOBIBURAクレジットカードの設定(ただし「ですか」はクレジットを始める資金がないのでその補填含む)、乗り物ポイントと買い物ポイントの組み合わせ

 

などなど、まーお金は必要だし法律との調整やら議会対策やら大変だけど、たぶんこんなかでもひとつやふたつはやれそうなことがあると思うのです。あとはずいぶん前にパブコメで描いたような内容。

 

 

2.基本的な考え方について(「まちぶら」というコンセプトにまつわる言葉について)

「まちぶら」という言葉には、なんというか、消費者として少し「イメージがわかない」感じがします。

まちの方や行政の方にとって「まち」とは商店街のことを指すのかもしれませんが、私のような北部エリアにずっと住んできた者からすれば「まち」は高知市そのもののことであり、まちぶらといわれても朝日新聞の連載を思い浮かべるくらい、商店街とは正直いって「つながらない」言葉です。

その点で、商店街をぶらぶらするということに焦点を定めるなら、また、この計画が「商店街の外から人を呼び込みたい」ものだとするならば、よっぽど銀ブラになぞらえた「帯ブラ」という言葉の方がしっくりきます。

おそらく、これだとはりまや橋や大橋通り、柳町といった商店街は除外されたような感じに受け取られるのでしょうが、これまた別に普通の東西軸以外に居住してきた普通の市民感覚としてはどっから帯屋街でどっから京町かなんていうことはほとんど意味がなくて、「街へ出かけること=帯屋町にでかける=帯ブラ」という感じです。

 

例えば、帯屋町1丁目と2丁目。この違いをしっかり分かっている人はそうそういないと思います。それに今日は帯屋町だけウロウロしようなんて決めてる人は当然いるはずもなく、行きたい店にいく、ただそれだけです。

「OBIBURA MAP」も、たとえば「MACHIBURA MAP」になったら、なんのこっちゃわかりません。きちんとメッセージを伝えたいのなら、できるだけ地名やその場所に多くの人が共通して持っている認識をまず優先して含めるべきでしょう。「まちぶら」になれば、一見どこの商店街にも害はないように見えるかも知れませんが、逆に普通すぎて何の足しにも毒にもならない、いかにも平均的でつまらない!というものになると思うのは私だけでしょうか。