に投稿 2件のコメント

龍馬を知る本のイロイロ


早いもんで今年ももー終わる。

なんか結局とてもじゃないけど毎日なんて書けんかったね。
Twitterも始めたはいーけどなんかブログ読んでくれてる人たちからは
どーにもマニアックだといまいっちょ評判悪いしw

さて、まーそれはそーと
いよいよ来年は龍馬伝の年だってことで3日の初回がめっちゃ楽しみなのだ。

土佐弁もすっかり忘れていた小学校の時は「龍馬がゆく」を読んで龍馬にはまり、
土佐弁に馴染めず困っていた高校の時は平尾道雄先生の「龍馬のすべて」を何度も読み込んで、桂浜にもよくブラブラとチャリで走っていった。
んで、大学の時は友達から借りた「おーい!竜馬!」にめちゃはまり、
竜馬の墓や寺田屋なんかも当然の如くめぐったりしてみた。
高知へ帰ってきた10年前もまずは桂浜へ走ったし、
おそらくは人から思われるよりもおいらはかなり龍馬ヲタクでやってきたのだ。
福山龍馬がいいかどうかはまだよくわからんとしても、
とりあえず久々に本格的なドラマで龍馬の人生を辿ることができるのは楽しみだ。
というわけで珍しく龍馬本のオススメをいくつか。
龍馬のすべて」は龍馬のことを知るなら必読の一冊。あらゆる龍馬本の基礎資料ともなっている一冊でありんす。
龍馬の黒幕」はまだ読んでないけど、イギリスの商人グラバーを軸とするフリーメーソン説を説いているものでなんか面白そう。
龍馬を斬る」は親戚でもある黒鉄ヒロシの作で、竜馬暗殺の真犯人を探るもの。見廻組に新選組、薩長黒幕、果てはやっぱりフリーメーソンまで出てくるんだけど超絶的に面白い。
あとはまーよく読まれている本たちで本屋によう並んでますな。
そんなかで一冊。「おーい!竜馬!」はちょっと鉄矢の脚色が入りすぎていて、入門にはいいけど誤解が激しくなる可能性大。たとえばジョン万次郎が浦戸の漁民になっていて一緒に鬼退治してしまったり、郷士の表現があまりにも酷かったり(まあ実際そうだったのかもしれないけど)、乾退助や後藤象二郎と竜馬らが子供時代から敵対していたり、岡田以蔵と竜馬が幼なじみだったり、大久保一翁の斡旋で徳川家茂と会見してしまったり、投獄された武市半平太が他の仲間と同じ監獄(しかもなぜか洞窟風)だったり枚挙に暇がありません。・・・ああそしてなによりアレですね、今回の龍馬伝で広末涼子が演じる平井加尾がなぜか上士の娘になってたりするのは、本作の中では「上士・郷士の身分差を無くす」という龍馬の人生観を形作る上で重要なファクターなわけですが、ホントは幼なじみの妹さんなのでちょっとイヂリ過ぎだろーと。まあでもそれでも、龍馬関係でいったら一番のオススメ作品であることには代わりが無いですけどね。
に投稿 4件のコメント

龍馬ブームじゃsoftbankじゃ

20091111_1516661
大河ドラマ龍馬伝のスタートまであとわずか、

功名が辻の時とは明らかに異なるモードで龍馬龍馬とみんなが叫んでる。
仕事でも、龍馬絡みのものがなんと多いことか。
で、なんとタランティーノまで叫ぶらしい。
 
 
—以下オリコンより—
 
あの「白戸家」に新家族“タラちゃん”が仲間入りする。ソフトバンクモバイルは10日、都内で新商品発表会を開き、テレビCM『白戸家の人々』シリーズに 米・映画監督のクエンティン・タランティーノが新たに“おじさん役”で加わると発表。会見に同席した女優・上戸彩は、新戦力を得てハリウッドが近づいたと 司会に振られると「(監督は)元々ファンだったけど、より好きになりました。みんなで(ハリウッドに)進出したいです」と声を弾ませた。【写真】会見ではタランティーノ監督が仲間入りしたCMメイキングが上映された  タランティーノ監督は先日まで、ブラッド・ピット主演の監督作品『イングロリアス・バスターズ』(20日公開)のPRのために来日。ジャパンプレミア上映会や来日会見をこなしていたが、その合間をぬって密かにCM収録を済ませていた。

会見には兄役のダンテ・カーヴァーも出席。上戸は「タラおじさんとお兄ちゃんとお父さんが、坂本龍馬好きっていう内容になってる。ほぼアドリブで、笑い が止まらなくて。あと、タラおじさんにお兄ちゃんが通訳してて、その光景が面白かったです」と腹を抱えながら振り返っていた。

日本のファンから「タラちゃん」と呼ばれているタランティーノが、お父さん役のソフトバンク犬・カイくんをはじめ、バラエティに富んだ“家族”とどう絡んでいくのか注目だ。

携帯電話新機種は、高速通信、高画質、大容量を実現した『ケータイWiFi』8機種を発表。3Gをはるかにしのぐ「WiFi」の通信速度が特長で、孫正義代表は「世界一速いブロードバンドを実現します」と語った。これら機種は今冬から来春にかけて発売予定。

 
—-
なんか真正面から龍馬龍馬とかいっちゃうより、
こういう斜も斜なかまえから龍馬と叫んでくれたほうが嬉しいですな。
新しい受け止め方ができる。
デザインで大切なこととなんか同じよーな気がする。

14日はmama!milkライブです→→→

に投稿 4件のコメント

龍馬じゃ~と叫びすぎてその果てに。

前々回のログで、いつまでも龍馬じゃ~龍馬じゃ~と唸っているのは古い!と書いた。

これを今回は自分でもう少し考えてみる。おいら、龍馬が行くもおーい!龍馬も読み込んでしっかり育って来た龍馬大ファンだ。子どものころはベッドの横に龍馬のポスターを貼っていた。だから、へさべさの大河ドラマ登場で胸が躍るくらいだ。
だけど、なぜあえてそう書くかといえば、結局リョーマがなんたるかも大して考えずに、てゆか大した知識も持たずに騒ぎすぎる行政・経済・観光・メディア関係者の多さに辟易してるからだ。
「来年は龍馬伝の年だから龍馬をフィーチャーせんといかん」

何度この言葉を耳にしたか。
挙句のはては
「高知の観光の命運はコレで決まる」
やと。

で、そのフィーチャーで何を取り上げるの?と聞いても特に返事は無い。

いろいろ碑めぐってもらおうとか、美味しいもんたべてもらおう(それで出て来る店もいつも一緒)とか、そんなんばっか。
結局なんか龍馬だ、龍馬伝だといっておけば、観光客は寄って来るし、お金になる、その程度しか彼らは考えていない。「フィーチャーせんといかん」とか言いゆう人たちも少なくとも再来年ガクンと人が来なくなるのはみんなわかってるのに、その再来年以降のことを考えれない。とりあえず来年楽しければいい、みたいな。
なんかよさこい国体のときを思い出す。当時はおいら建設系に身をおいていたので、2002年までは結構たくさん仕事があるといわれていて、2003年からはどうなるかわからんと言われていた。でも、とりあえず2002年にどればあ仕事をするかよ!みたいな感じで適当に2002年を迎えることになった。そう、2003年から先をそれほど深刻には考えずに。で、終わったら実際仕事量はジワジワと減って行って、いま当時やっていたような仕事が出ているかというと壊滅状態。
たぶんこのままアホみたいに龍馬伝の年を迎えたら、その先は安楽死ですよ。その頃にはETC1000円も終わり(民主党が政権とったらどうなるかわからんけど、もし全国一律無料になったらなったで高知の価値は落ちる)、龍馬以外にみるものを育てることができなかった高知になんぞ来る人はますますレアに。しかも東京ばっか相手にしようとしてるから、近場の関西や九州といったところからの客はぜーんぶ徳島や香川で終わり。
龍馬の国土佐じゃきに~とかいいよったら、まあーそらー寄ってきますよいつまでも多少はね。でも、他所の人は、高知はいつまでも龍馬だ龍馬だ龍馬だ龍馬だ龍馬だ龍馬だ龍馬だ龍馬だ龍馬だ龍馬だ龍馬だと言い過ぎだろと思ってますよ。最近は四万十がこれに加わってますけど(JTBだっかの調査では行きたい率では全国でも高い方だけど、一回来た人がまた行きたいですか率では全国でも低い方になるのが四万十。龍馬と同じで、なんかイメージばかりが先行しているらしい)。
鹿児島が今でも西郷西郷言ってるか?山口は今でも奇兵隊とかいいよるか?高知ぐらいですよ、150年前の偉人が最大の観光資源になると思ってるところなんて。
おいらが思うに、高知県人がこの50年近く愛しすぎた「龍馬」のお陰で、自由民権運動発祥の地としての高知は知られることがなく、中岡慎太郎や武市半平太はじめ数多の幕末の志士たちの評価や知名度はいつまでも低く(こないだの日曜日に武市生家の近くを通ったけど車一台いない!)、山内家もいまひとつ土佐鶴のCMが印象的なぐらいで、城下町としての風情がある部分はどんどんぶちこわされ、結構いろんな店があって楽しい店巡りや市めぐりといった街歩き観光はいつまでも軽視され、もっと客数がのびてもおかしくない電車もバスも客数がのびず・・・と、高知のいいところはいつまでも観光にも値せんものとして扱われ続ける。
まさに龍馬の弊害。
石油とかと違って「龍馬利権」なんてものはまさか存在しないだろうから、利権争いでこうなっているわけでもないだろう。好きな人ができたらその人以外のことが眼中に入らなくなるのと同じように、高知の観光資源は竜馬しかないんじゃ~とか思っている人々が多いのだろう。
で、そのことが結局高知の観光を潰していく。実際観光系の人々と話しをしていても全くかみあわない。街や田舎を歩きもせず、夜な夜なスナックばっかなんだろーな・・・と悲しいながら思ってしまう。
一方、龍馬をもっときちんと知ってもらうというか、もっと別の視点から伝える工夫もいる。龍馬記念館を中心に、いまひとつ趣旨がわからん生まれた町記念館、もっとヒトが入ってもよさそうな慎太郎館や山内家資料館に歴民館、さらには本物が揃ってる京都国立博物館とかと連携した企画とか、誰も知らない龍馬の素顔が見えるよーな、そんな試みをぜひ。
に投稿 4件のコメント

ETCをつけて関西を思う。

 麻生さんの支離滅裂政策ではじまった高速週末1000円の波にあわせて、

うちのデミ子にもETCを取り付け。
うーん楽ね。
まあ以前よりは高速に乗らなくなったので今さらなんだけど、サッと高速に入れるのはまあなんかうれしい。
そして週末1000円。もともとは民主党が高速無料という「嘘だろ~」という公約を打ち出していたのを自民党がアブラあげさらった形だけど、なんか複雑すぎてよくわからない。
それに、この2年のうちに瀬戸内のフェリーとかJR四国とかはだいぶ衰退すんではないか、それでかえって3年後から後どーなんの?と余計な心配をする。さらにいけば、民主が政権取ったらJR四国はなくなるかもしれんなあとすら。高速バスだってどーなることか。
で、今日歩屋のパン祭りに行くときに高速を使ってみた。
南国SAは県外車がずらり。愛媛、徳島、香川はもちろん、姫路や奈良、名古屋、尾張小牧、品川・・・まあ普段とは段違いの車の量、ヒトの量。日曜市も当然ヒトだかりで、付近の駐車場も結構埋まっていたりでGW状態。
この1000円政策は、普段「橋が高くて」“お金距離が遠い”四国に利ががあると思っていたけど、実際なかなか効果があがっている感じだ。
そこで思うこと。
なんか仕事で関係する人の多くも、新聞でみる財界人や県庁とかも、なんかもーすっかり東京しかみてない。観光でも物販でも東京にいかにして売り込むか、そのことばかり議論しているよーに見える。
で、そういうヒトやニュースをみるたんびに、なんで関西をそう軽視するの?と思ってた。そしてそのことを指摘しても、必ず東京圏の人口の異常な多さと経済力を語りだし、情報発信力の高さ等等費用対効果を延々と語りだす。で、その一方、関西の評価は正当にしていない。タイガースがある田舎、くらいにしか思ってないんじゃないの?とすら思う。
でもですね。関西や近畿ったって2000万人のヒトが暮らしている(首都圏は3500万)わけで、経済力でもなんぼ落ちたって世界企業が軒をまだまだ連ねているわけですよ。
それに、関西におればわかることだけど、関西は異様に関西ローカル番組が多い! これって逆に見れば、東京ネット発信の情報で薄く広く情報を流すよりも(最近のテレビは本当につまらない。制作費の圧縮もあるけど東京・名古屋・大阪の番組制作のせめぎ合いの範囲が狭くなってることも影響してるんでは?)、もしかしたらずっとより濃く高知の情報を2000万人に訴えることができるかも知れない、ということでもあるんじゃないか。
この週末の県内を見ても、車の多くは当然近い関西や中国地方がメイン。全国各地のプロフェッショナルなアンテナショップが軒を連ねる銀座なんかで店を探すよりも(まあ東京にも大きな店は絶対いるけどね、むしろなんか高知の店は池袋とかの方が沿線の客層とかとも似合うような気がする・・・そういう意味じゃ吉祥寺とかに店がある現状はミョーに納得できる)、心斎橋や元町で店を出した方が実はよっぽどリーズナブルだし、関西から「結構近い高知」を知ってもらういい機会になるんでないか、と。
そういう意味では福岡や広島、岡山にもまだまだ打ち込む手はあるし、わざわざはるばる東京なんぞに売りに行かずに、近場で押さえるべきところ押さえた方が良いんじゃないかと。東京に店出す資金でもしかすっとその他の大都市に2、3個は店ができるんでないかと。
(これって日本がいつまでもアメリカばっか見てるのと似てる。中国はインドやロシア、アフリカへとどんどん外交を広げ、韓国はアメリカと中国を両にらみして動く方向へ動いて、変わりゆく世界情勢の中で、自国の立ち位置を明確にしていこうという姿勢がみえる。だけど日本はダメダメ)
ホントに高知って、なんかこういうところダメダメですねえ・・・いつまでも東京じゃ~東京じゃ~と唸っているのって、いつまでも龍馬じゃ~龍馬じゃ~と唸っているのと同じくらい、なんかずれてるような気がする。
そう、古いんです。
だから、遅かれ早かれETC効果は他県に先駆けて終わる!→ただし龍馬伝効果でそのことは見えずにおそらく終わる→成長しない
に投稿 3件のコメント

なんと!2010年大河ドラマは「龍馬伝」!

きました!
2010年の大河ドラマは「龍馬伝」に決まったそうな。
2006年の「功名が辻」に続く土佐モノ。
しかも、三菱財閥創始者の岩崎弥太郎の視点から描くというのだから渋すぎる。
功名が辻効果がすっかり落ち着いてなんともならない高知観光にとってもかんなりえい話ですな。
岩崎弥太郎の安芸市にとっても、朝の連ドラ「のんちゃんの夢」以来のドラマですな。
でも・・・

黒鉄ヒロシの名著「龍馬を斬る」では、
大政奉還も成り、もはや土佐藩にとって用なしとなった坂本龍馬を斬ってしまえと
岩崎弥太郎や後藤象二郎が思ったとしてもフシギではない・・・という「土佐藩黒幕説」を、
新撰組説、見廻組説、薩摩藩説、フリーメーソン説などと並ぶ形で取り上げている。
おいらは「おーい!竜馬!」の影響もあってかやや薩摩犯行説寄り派なんだけど、
いろは丸沈没に対する紀州藩の賠償金を岩崎弥太郎がこっそり得ていたとか、
ちょうど龍馬・慎太郎遭難の前から2週間分の弥太郎の日記を岩崎家が今も公開を拒んでいる・・・
といったことを読むと、もしかして・・・と思ったりもする。
そんな、弥太郎からみた龍馬。
岩崎日記とかは出て来るんだろうか?
はたまた、岩崎家はどうでるか?←まあ静かにしてると思いますが
なにはともあれ、高知にとっちゃいい話、なのだ。




四国ランキング

に投稿 3件のコメント

尾道小旅1 福山・鞆の浦

DSC_3556.jpg
台風一過で、へさべさの小旅。
今回は鞆の浦から尾道へ。
以前沢マンに暮らしていたy氏夫妻の家を訪ねる小旅なのだ。

DSC_3546.jpg
で、まずは鞆の浦。
ここはかつて潮待ちの港として栄え、坂本龍馬がいろは丸沈没事件で滞在したことでも知られる小さな街。
港町らしく船用品+船雑貨の店なんかがあったり、
和漢植物を煮立てた匂いがふわっとしてきたり。
この匂いのもとをたどれば、鞆名産の保命酒のお店だった。
幕末の儒家・頼山陽も愛飲したとかいう薬用酒で、ペリーをもてなすのにも使われたんだとか。
DSC_3545.jpg
小高い丘の上には瀬戸内を一望する対潮楼。
台風のあとということもあって、まさに快晴、さっぱりとした風が吹き込んでくる。
DSC_3577.jpg
鞆の浦には、昔の町並みや区画がそのまま残ってる。
歩いても一時間くらいのこじんまりとした感じで、これみてこれみて!という嫌らしさもなく、
豊後高田や小布施のような「張り切り過ぎ」感もない。
古いもの残していいでしょうみたいな、レトロの押し売り感がないというか。
→参考記事「小布施と高田で、高知が見える
まあなんというか、ほどほどに力が抜けていて、ほどほどに気持ちがいい感じ。
こういう感じって、実は結構大切なんかもなあ。
だけど、問題がないわけじゃない。
今、この港のすぐ前、てゆか港の一部を埋め立てて、湾口に橋を通す計画がでてきてるのだ。
あまりに細い路地しかないゆえにいつも大渋滞になるので、それを解消するためなのだとか。
他所もんの目でみたら、わざわざ港の上に橋を渡すなんてことせずに、裏山の方にバイパスすればいいんじゃないかと思うんですが・・・港の前に橋なんかかけたら、おしまいです。
間違いなくそこに橋を架けたら便利にはなる。だけどそれで失うものもたくさんある。
それを天秤にかけてどっちも両立させる・・・てな風に考えないと、ことこういう場所の場合、最終的には良くない結果を招くんじゃないでしょうかね?
これじゃあやってること、川に平気で蓋をしちゃう高知とかわらんです・・・てなことになってしまいます。
鞆の浦の文化遺産を保存しよう




ぜひ一度→→→四国ブログランキング