に投稿

蛸蔵と藁工ミュージアム

 

藁工倉庫。
江ノ口川一文橋のほとりに建つ、高知市内ではもう最後ともいえる土佐漆喰の倉庫群。
この倉庫群を失われそうだという危機感を持って「高知遺産」で紹介したのが2005年。その後、高見町の物件を追われたgraffitiが入居したのが2006年冬、ART NPO TACO運営による蛸蔵がオープンしたのが2007年冬。以来5年を経て、現在のgraffitiや蛸蔵のある一文橋西側だけにとどまっていた「アートゾーン」的なるものが東の倉庫群へとさらに広がることになる。

今回、この東の倉庫群にできるのが、美術教育を受けていない人の作品「アールブリュット」の作品展示を行う新しい美術館「藁工ミュージアム」と、その付属レストランとしての機能を持つ「土佐バル」、そして移転再オープンすることになる「蛸蔵」だ。
運営を行うのは土佐茶カフェなどを仕掛けてきたワークスみらい高知とその仲間たち、的な感じで、この3つのうち「蛸蔵」の企画についてはおいらも所属するART NPO TACOのほか高知県自主上映映画団体ネットワークと演劇ネットワーク演会、数々の音楽イベントを仕掛けるterzotempoで立ち上げたNPO蛸蔵(理事長はおいら)が関わって行っていく。
で、ここんとこ毎週水曜日はアートゾーン全体の関係者一同で集まって3-4時間の会議を開いて諸々の準備を進めているのだが、昨日は1週間と少しぶりに新しい蛸蔵をみんなで覗いてきた。この1週間で一気に内装が立ち上がってきていて、倉庫兼楽屋的な空間の壁ができつつあって、静かに興奮。まあそりゃあと2ヶ月後にはオープンしているわけなんで遅いくらいといえば遅いくらいなんだけど、こうやって建物が建ち上がっていくとやはりなかなか感慨深いもんだ。

グランドオープンは12月23日。それに先立つ18日と19日には新蛸蔵でプレイベントとしてライブも開催する。新蛸蔵のこけら落としを飾るのは、mama!milk。もともと現在の旧蛸蔵を立ち上げるにあたっても、とにかくmama!milkにやってほしいという思いがあって、実際にこれまで2度演奏会を開いてもらった。なので、新蛸蔵でもこけら落としはmama!milkにお願い。今回は「Nude」というすんばらしいアルバムをテーマに演奏。ほんま、これはやばい時間が流れることになると思われ。

 

以下、18-19日のプレイベントと23-25日のグランドオープンイベントの概要。まだ細かいことはちょっと書けないことも多いのでアレだが(講演会等の出席者が確定次第追記していく)、あらまし、ということで。あと、11月に入ったらホームページも開設するのでそちらをどうぞ。蛸蔵の一般貸出受付も近日スタートします。

 

12月18日

19時00分〜 <新蛸蔵オープニング記念演奏会 第一夜>
mama!milk 冬の演奏会 Dialogue for’Nude’

12月19日
19時00分〜 <新蛸蔵オープニング記念演奏会 第二夜~夜をくぐる>
WATER WATER CAMEL+森ゆにライブ

12月23日
11時00分〜 餅投げ、祝辞等
12時30分〜 ランチパーティ at 土佐バル
14時00分〜 記念対談
19時00分 〜<新蛸蔵オープニング記念演奏会 第三夜~クリスマスの足音>
tico moonライブ

12月24日
10時30分〜 講演会
13時30分〜 講演会
15時30分〜 映画「海洋天堂」上映会
19時30分〜 <新蛸蔵オープニング記念演奏会 第四夜~光と影の小さな旅>
トウヤマタケオ(音楽:ピアノ)、nakaban(幻燈)

12月25日
10時30分〜 映画「ピュ〜ぴる」上映会
12時15分〜 監督トークライブ
13時30分〜 映画「ピュ〜ぴる」上映会
16時30分〜 イブニングパーティ
19時00分〜 坂田明&ジム・オルークライブ
21時30分〜 ナイトパーティ at 土佐バル

 

 

に投稿

東京小旅2010-2011+関西

2010年から2011年にかけては、やったら東京へ行くばかりで、

あんまり旅らしい旅はしなかったのだった。

まあわかったのが、

商売人でもない限り、東京は年に1-2回行けば充分なのだということなのであった

(3回目は本当に行きたい所も用事もなくて、それが幸いして東北へ行けた)。

小旅総覧09-10の続きです

 


2010.11.4-6 オールライト工房3兄妹ご案内による東京活版巡り

初日は昼便で東京入り。渋谷の宿入りしてすぐに嫁は世田谷美術館などへ行き、おいらは三鷹の山田文具店などを訪問。夜は表参道で土佐和紙プロダクツの設置で相談中のお店など訪問。夜は妹真奈の放送作家で婚約者の四駆郎さんと初会食。
翌日は8月のイチハラヒロコ展で初めてお会いしたオールライト工房の高田3兄妹のご案内で、東京の活版関連のスポットを一日中ご案内いただいた。
江戸川橋の佐々木活字店では古い鋳造機からテープを読み込んで一気に文字を鋳造する大きな機械などを見学。それからどんどん地下鉄と徒歩を継ぎながら、親子で活版印刷機を回している清澄白河の東海印刷、銀座の中村活字、千駄木のPAPIER LABO、そして最後に鵜の木のオールライト工房を見学。かなり足の痛い一日だったけど、東京でもその灯がいつまで続くか分からない活版印刷を、どうやって次へつないでいくかを考えさせられる一日なのだった。
3日目は銀座のアンテナショップへ。地下一階の土佐和紙商品はいまひとつでため息。1階も四万十ドラマと馬路の物がやたらと目立つ格好で、それがかえって隣の沖縄と比べた時になんとなく高知県全体の商品力の弱さが引き立つ感じがして、これもまたため息。まあ始まったばかりで商品の数も少なかったりするのでなんともいえないけど、こういうお店って開店直後のイメージが結構重要な気もするだけに気がかりなのだった。
ちなみにアンテナショップにはウチもその後置いて貰うことになるが、売上げは芳しくはない。なかなかやっぱり物を売るというのは難しいのだ、ということを思い知らされることになる。理想と現実・・・

 

2011.3.7-9 東京ヒノキカグデビュー

東日本大震災直前の東京ひとり訪問。初日は東京ビッグサイトで行われる展示会に大正町森林組合が出展するので、その展示の手伝いへ出動。夜はスーベニアプロジェクトの小池田夫妻と初対面めし。TOSAWASHI PRODUCTSを軸に商品開発や販売計画を立てていこうというお話で、ついついいろいろ盛り上がって終電間際に。
2日目は目黒区美術館で「包む」展、庭園美術館で「20世紀のポスター」展、さらに飯田橋の印刷博物館、八重洲の雑貨店、蔵前の「カキモリ」へ。足はプルプル。夜は夏頃にイギリスに留学するべく準備中だという富士通のコンサル友達と根津で久しぶりに飲む。
3日目は渋谷。オンリーフリーペーパーを初訪問し、静かに話が盛り上がる。どうやって稼ぐかほんま課題ですな。ぜひ続けて欲しいだけに。。。それから久しぶりに渋谷中をウロウロしてみるも特に収穫はなく(この昼過ぎに東北で東日本大震災の前震)、午後は再びビッグサイトへ。
空港まではバス。その車中、こんなところで地震来たらいやだなあとか、この狭い街で地震来たらほんま危ないなあとか思っていたら、2日後にそれが本当のことになった。
この11日は、組合のメンバーも有明からでれなくなり、物産開発でたまにお手伝いさせてもらっているM君もちょうど東京入りしていて当日は東京脱出ができなくなったりした。

 

 

2011.5.7-10 東京・仙台

妹の結婚式。ライセンス司会のなか、やっぱりちょっと変わった結婚式なのであった。
ビデオメッセージはココリコなど吉本芸人が続々と登場。
こっちの仕事とは全く性格の違う仕事なんだなあと改めて思う。
2人が出会うきっかけとなったのは、よさこいで最近人気の「かなばる」でのこと。
従って、披露宴も二次会も、四駆郎氏がかなばるのダンスを激しく踊った。
どうも竹村家系統の結婚式では新郎が踊る羽目になるらしい(おいらもyummyと踊った)。

結婚式の翌日3日目ははじめての仙台へ。
牛タンを食べたいというのと、やはり一度は見ておきたいということと。
しかし今考えると、地震から2ヶ月後という結構早い時期で、よく余震に会わなかったものだと。
仙台の記事は「仙台小旅」「石巻・福島。」へ。
2011.7.17-19 関西強行軍

前日は四万十市で@sakanayamaさんと@shin9さんと飲み。
翌日から久しぶりの松山経由関西小旅。
嫁は芦屋の姉宅に先乗り。
おいらは松山でyummydanceの「ドロップス」を鑑賞してから、全速で芦屋に向かうも、途中姫路の少し手前でダウン。
昔ならもっと走れたはずなのに、3時少し前になるとやっぱりどうにもならない模様。
結局四万十〜松山の疲れも溜まってたらしくドップリSAで寝てしまい、芦屋に着いたのは昼過ぎ。
それから京都に入って「かねよ」で昼飯を取り、恵文社やガケ書房、裏具など毎度の訪問先を訪ねる。
ちなみに夜は寺町のスタンドと六曜社など。
祇園祭が終わった直後だったのだが、まだ囃子が新京極に出ていたりしてうれしい。
最終日は大阪で活版印刷に取り組む明晃印刷へ。
イケイケドンドンなまさに大阪商人で、東京で活版に取り組むメンバーとはまた違った迫力。
帰路は台風の嵐の中をいつ橋が止まるかヒヤヒヤしながら、明石鳴門経由で四国入り。
が、高松道に入ってしばらくすると嘘のように風も雨も止み、夕焼けが広がり出した。
なんでだ、おい。目の前に台風あんのに。

に投稿

瀬戸内芸術祭

昨日はいつもお世話になってるK印刷さんとタケムラ家で瀬戸内芸術祭へ。

正直そんなに期待していたわけではない(北川フラムが嫌いなもので)けど、
下馬評で良いと聞いていた女木島よりも男木島がかなり面白かった。
女木島は、よくも悪くもお芸術な感じで、なんか疲れた。
いちばん面白かったのは鬼が島の洞窟。
キッチュな鬼像が洞窟内のあちこちにいて、
むしろこっちのほーがあーとなんじゃねーかとすら。
小学校は建物のつくりは面白かったけど、作品がなんか疲れる。
少し考えさせられるというか。
きっと美術館をゆっくり何時間も見ることができる人にはお勧め。
おいらはルーブルですら1時間で出てしまうよーな人間なので、
ちょっと無理でした。
んで、男木島。こちらは島の構造からして、うれしいかんじ。
だいぶ前に行った沖の島と似た感じの島で、
船からすぐ前の急斜面に小さな集落が張り付く。
で、その集落内の家や路地にたくさんの作品がならぶ。
なかでも44の大岩オスカール、47の音の風景、52のうちわの骨の家
54の雨の路地、55の海と空と石垣の街は印象的だった。
たぶん女木島の作品群は、周辺環境と無関係な作品がどっちかとゆーと多くて、
男木島は環境に寄り添うような作品が多かったってのもあるんだと思うけど、
島のランドスケープや、路地を曲がる度に飛び込んでくる海の眺めとか
そういうのもまた男木島が良かったなーと思わせる大きな理由のような気がする。
直島はどーにも大混雑らしいけど、
いいと今日Twitterで聞いたのは、豊島。
2002年頃に産廃処理の視察みたいなので行ったことがあるけど、
もしいけたらいってみたいと思うのであった。
に投稿 4件のコメント

愛と笑いのイチハラヒロコさんと飲む

 
イチハラさんは言葉の力の作家。愛と笑いにこだわって、デビュー以来一貫して言葉だけの作品を作り続けている。
同じ大学の大先輩にもあたり、デビュー以来ずっと好きな作家さんの一人。1995年頃に大阪のサムミュージアムで開かれた大展覧会に行ってものすごい衝撃を覚えたことを今でも鮮明に覚えている。
おいらが作家名を「タケムラナオヤ」にしはじめたのもイチハラさんの影響モロ受けだし、愛とか笑いとか、なんかそういうのがものすごくデザインにせよ地域計画にせよ必要だなーとお門違いに捉えるようになったのも、影響モロ受けだ(愛と笑いは、恩師井上明彦先生からの影響もでかい!)。
で、エンジンゼロワンで微妙に賑わうきのうの夜、そんなイチハラさんとTACOメンバ、高知大の学生さん、県立美術館の皆さんで宴inパンダ屋。
イチハラさんは作家さんがよく持ってる変なオーラをビシバシと出すこともなく、もんのすごくきさく。吉川晃司のことを語りだしたらもう止まらないところとか、なかなかたまらない。でも、作品の話になると本当にまじめで、なるほどデビュー以来20年近くにわたり美術の最前線で異色の活動を続けて来たその芯の太さを改めて感じたのでした。15年前からやっていることは一見変わらないのに、常に前の作品を越えて行かなければならないその強さ。15年経っても飽きない、作品の強さ。学ぶこと大杉。
イチハラさんの愛と笑いと少しの棘ある言葉を街で踊らせることができないか???
そんな風景を見たいです。
とことんやれば、世界中からヒトがくるで。
に投稿

NO BORDER4

8月9日まで開催中の「NO BORDER4」、

友達やら知り合いやらがパラパラ出ているので前期・後期とも必見!ということで鑑賞。
これまでの全シリーズすべてを見て来たわけじゃないけど、
やっぱこれがなければ県美じゃない。
こういうローカルを土台に活動する作家をしっかりピックアップしていける
公立美術館ってあんまりないんじゃないかと思うし、
いまが旬のヒトたちを一堂にみれるってのはやっぱり楽しい。
が、今回のNO BORDER、ただ一介の観客として思うのは、
残念ながら思ったより「いまひとつ」ということなのだった。
それぞれの作家さんの作品の中に「一本の筋」があるのに、
それを霞める「余計な何か」がシンプルに伝えることを邪魔してみせる。
最近、高知のギャラリーとか見に行ってても、
なんかイロイロありすぎて台無し!ってのが多いような気がする。
もちろんイロイロあって初めて意味を為す展覧会もあるわけだけど、
展覧会で一番大切な「展示計画」ってのが
なんかないがしろになってる、そんな感じがするのだ。
それで台無しになる。
まあおいらも展覧会ではそんなんが多かったわけだけどw、白い壁も作品だ。
→写真は去年やった展覧会。
 作品が追いつかない、水面が思ったより動かない。
 展示計画だけできてその他ができなかった悪例也
ちなみにおいらは前期の今村さんや後期の山崎さん、横江さんのが好きでした。
余計な言葉がない分、引き立ってた。

たまにはクリック→→→ 

に投稿 1件のコメント

夢みるアジアへ!

 

昨日よーやく美術館で開催中の「夢みるアジア」へ。
チラシや図録、看板ほか一式を担当した初美術館仕事だったわけですが、
はじまってみると看板類の出来上がりが怖くてなかなかいけず・・・
が、もっと早めに行けば良かったというかんじ。
かなり面白いです。
アジア美術というとなんかまさにアジアンな作品を思い浮かべますが、
今回の展覧会はまさに混沌、アジアの現代美術の縮図。
ベーシックなポスターから、
近代と現代が「まぐわう」中国らしい作品の数々、
どえらい小さい、だけどすんごいストーリーのあるハム・ジンの「みつめあう」などなど。
じっくりみれば1時間はかかります。
途中学芸員の松本さんと遭遇して1日からはじまる「NO BORDER4」の展示も見学。
なかむらなおしさんや珊瑚作家森さんたちが展示作業をしてました。いやー、大変そう!
毒舌化進行中
  
に投稿

間もなくSCRATCH!


こんどの7月11日は高知県立美術館でヤミーダンス!
松山を拠点に、
ニューヨークやドイツなどなど世界各地でかわいく楽しく踊ってる
彼女たちが2年ぶりに高知へ帰ってくるのだ!

前回はかるぽーとでの開催でしたが、今回は美術館ホール。
アニメ作家・ミュージシャンと共に10日の間、高知に滞在しながら作品を制作し、
そのまま公演をしてしまうという、まさに「高知だけのための作品」だ。

公演に先立つ1週間前には子ども対象のワークショップも開催。

【公演情報】

SCRATCH ~ひっかくほどに 鮮やかな シタゴコロ~ 
公演日:2009年7月11日(土)
会場:高知県立美術館ホール
開場18:30/開演19:00
入場料:前売券2,000円/当日券2,500円
【振付/出演】宇都宮忍・戒田美由紀・合田緑・高橋砂織・得居幸 
【スタッフ】映像:山内知江子 音楽:いたずラッコ(山尾圭介) 照明:アイカワマサアキ 音響:勝間田雅幸
前売り券は美術館や高新プレイガイドのほか、ローソンチケットでも販売(Lコード64294)

WORKSHOPーどんなものでも踊っちゃえ!
いつもの仕草、好きなもの、嫌いなこと・・・・・・なんでもダンスにしてみよう!
リズムがはじけて、発見にビックリ、楽しさ満載!!
日時:7月4日(土)
対象年齢:小学生以上
定員:20人程度(先着順)
参加費無料
申込:美術館までお電話でお申込ください。

【必見参考リンク】

公演情報(県立美術館)


毒舌化進行中
  

に投稿

yummydanceの「SCRATCH」

 

7月11日、高知県立美術館にヤミー登場。
しかも高知で製作・初演という「高知でしか見れない」作品です。
ヤミーを初めて見たのは2005年の冬、松山でのこと。
小雪がたまに屋根の隙間から落ちて来るシアターで、
みるまでは、正直ダンスなんて、とか、松山のカンパニーなんて、
などといった「新しいものに触れる前の防御姿勢」で臨んでいたんだけど、
実際幕が開けば10分もせんうちにズルズルと引き込まれ、
終わってみたら「もももってきて」の振り付けを担当した得居さんに
『高知でもやって!』と訴えていた。
そしてついに!この夏は美術館での製作・公演なわけです。
まずは一回見てみるべし。

ちなみにワークショップもかなり面白い。
ホリカワでのWS時も、子どもがどんどん壊れて行くのがわかった。
1時間くらいのWSで、終わった時にはみんな「もう終わり~?」と叫んでたし。
毒舌化進行中

  

SCRATCH [スクラッチ] 
~ひっかくほどに 鮮やかな シタゴコロ~
もぎたて新鮮おいしいダンス!
10日間のレジデンス・ワークで上演するダンスとアニメと音楽のコラボレーション!
開催日時: 2009年7月11日(土) 18:30開場  19:00開演
会  場: 高知県立美術館ホール
入 場 料: 前売2,000円 当日2,500円
前売券発売所: 高知県立美術館ミュージアムショップ、高知県立県民文化ホール、高新プレガイド、高知市文化プラザミュージアムショップ、高知大丸プレイガイド、
DUKESHOP高知、ローソンチケット(Lコード64294)
振付/出演: 宇都宮忍・戒田美由紀・合田緑・高橋砂織・得居幸 
主   催: 高知県立美術館
【ワークショップ】 どんなものでも踊っちゃえ!    申込受付中
いつものしぐさ、好きなもの、嫌いなこと・・・なんでもダンスにしてみよう!
リズムがはじけて、発見にビックリ、楽しさ満載!
参加費無料
対象:小学生以上
定員:20名程度(先着順)
申込方法:県立美術館に電話申込

 

に投稿 1件のコメント

高知県立美術館で「夢みるアジア」はじまる!

 

あー、もっとブログを書かねばと思いつつどーもいかんです。
さて、県立美術館で「夢みるアジア」がはじまりました。

この展覧会、福岡アジア美術館から120点の作品を借り受けて県美が行なう独自展で、このデザインの一式を担当しました。その範囲はチラシ・ポスター・チケット・看板・案内状・図録・新聞とかなり幅広い! 独立後初の美術館仕事がいきなりこんなでかいのだったので、なかなか大変でございました。
なにはともあれタケムラの中のアジアンを引っ張りだして、とにかくアジア、雑多で元気、カオスでキモカワ、そんなイメージで製作。というわけでかなり遊んでつくった子どもたちです。美術館としてもたぶん冒険だったはず。
展示はまだ見に行ってませんが、120点の中身はかなり濃い~作品揃い。はじめの打ち合わせで作品を見たときに、正直たまげました。いろいろありすぎて、にぎやかすぎて。それに負けたくないということでどんどん派手に・・・
なにはともあれ面白い展覧会だと思いますので、ぜひ美術館へ
7月12日までの開催。関連企画もかなり充実しています。
来週末あたりからは、7月11日に同じく美術館で開催するyummydanceの新作公演「SCRATCH」のポスター・チラシも登場。
今日はその初回色校の立ち会いだったのですが、こちらも印刷で遊んでおります。
一回刷って、また何回か印刷機にかけて刷り上げる結構めんどうな工程の第一弾でした。
毒舌化進行中
に投稿 2件のコメント

感嘆の高知県立竜宮城

いねむり
2月24日まで高知県立美術館で開催中の、松本学芸員渾身の企画による、「B級、脱力系の展覧会(松本氏曰く)」。
なるほど、監視のおばちゃんも居眠りです。

まあなんとも、しみじみ高知は変態の県ねえと思わせる、模型にロボット、珊瑚細工にフィギアの嵐。総勢300点の作品が並ぶから、じっくりみれば相当の時間が必要だ。
城と虎
第一展示室は、いきなり珊瑚でできた巨大な姫路城と虎がお出迎え。この会期中に閉館になった清水の珊瑚博物館の所蔵品で、この先どこへ??と余計な心配をしてしまう。
鬼丸
そして、ふだんは「ロボット屋台」こと和楽路屋でうどんを捌く、山口徹さんの手作りロボット「鬼丸」。ぜんぶ独学でロボット工学(的なこと)を学び、ぜんぶ一人でつくってしまった、というロボット。ちなみに山口さんのうどん捌きは超人級。とにかく早く、ついでに美味い。
恐竜
第二展示室では、トレッドウェイ・インダストリーズの巨大恐竜やキングコングのロボットが唸りをあげる。またこれが美術館らしからぬやかましさ!
これ以外にも、とにかく300点ですから。ガンプラのバッタもんコレクション(別にこれは高知の造形ではない)やらお笑い案山子、巨大な手作り船模型、高知の街の手作り模型、箸拳マシンに竹細工、空母に戦艦、戦闘機・・・
なんでこのモノづくり魂が東大阪みたく産業にならんのか、ちょっとフシギだ。

■高知県立竜宮城〜高知の造形文化展〜
公式ホームページ
高知県立美術館にて2月24日(日)まで開催中
1月14日14時からは、ななななんと
都築響一氏講演「美しくない日本のフェロモン風景」も!
そしてタケムラ、講演会後の都築さんを囲む会にも参加してまいります!





ぜひ一度→→→四国ブログランキング