に投稿 9件のコメント

『使える和紙展 -TOSAWASHI 50 PRODUCTS-』(9/2改訂)

10月末から11月20日まで、伊野の紙博で「使える和紙展」を開催します。
もったいないから使わない、
使わないから買われない、
買われないから作れない、
作れないから楮も三椏もダメになる。
まさに「現場」で紙を漉く職人たちが痛感するこの事実。
そして、おいら自身も思う、この事実。
確かに家には何枚か気に入って買った和紙はあるけど使ってない。
気に入って買った和紙の商品はあるけど使ってない。
和紙が生きる道は、高級アイテムの世界なのか、普段着の世界なのか。
その両方に生きる道を作って行かなければ、もうどうにも立ち行かなくなる・・・のではねえか???
そんなことを考えながら企画した展覧会です。
今回の展覧会では、織田信生さん、松林誠さんという大好きな作家さんも迎えながら、
20-30代の若手作家やデザイナーが中心になって
「今」ある私たちの「フツーのくらし」の中で生きる(と思う)
土佐和紙のプロダクトを50個!提案します。
伊東屋や鳩居堂でも売れるようなものが生まれたら!と思っています。
※将来は東京・大阪・果てはトロントでの出張展まで計画中
使える和紙展-TOSAWASHI 50 PRODUCTS-
2009年10月31日~11月20日
いの町紙の博物館2階展示室
主催:いの町紙の博物館/土佐の山 紙資源の会
後援:高知新聞社/RKC高知放送/KUTVテレビ高知/KSSさんさんテレビ/NHK高知放送局/エフエム高知/いの町/いの町観光協会/高知県立紙産業技術センター/高知県手すき和紙協同組合
助成:平成21年度こうち山の日推進事業

■手紙の提案

50PRODUCTのなかでも、特に「手紙」は10人の作家さんとデザイナーが考えたもの。一部販売ありです。
okubo junko|asakozirusi|織田信生|formano|柴田ケイコ|竹村活版室|松林誠|丸岡敬子|PPRP 吉岡綾子|わだときわ

■プロダクトの提案
残る49のPRODUCTもほぼ全てを試作。文房具から服、小さな家具に至るまで、これからの試作が大変です。
井村佳奈/K & K/佐藤舞子/関川庸子/竹内麻貴/中村達志/橋本奈々絵/山崎光莉FLAT FURNITURE/和紙工房パピエ/タケムラデザインアンドプランニング
柴田ケイコ|PPRP吉岡綾子|わだときわ ほか
 
和紙展に興味がある方はついでに、ぜひぜひ→→→ 

『使える和紙展 -TOSAWASHI 50 PRODUCTS-』(9/2改訂)」に9件のコメントがあります

  1. 初めて、コメントをさせていただきます。
    素晴らしいコンセプトの展覧会ですね。楽しみです。
    そして…きんこん土佐日記の5巻も心待ちにしています。

  2. 同感!
    どんな使い方があるか、楽しみです。

  3. ひまわりさん>どもです。今日からいよいよ試作開始。いま事務所は色とりどりの和紙で埋まっておりんす。
    くりけい>ごぶさた。勝手に香ル茶の和紙バージョンもつくってまおと思いゆけど、かまんでねえ~???

  4. つまり「あなたの暮らしに和紙は舞い降りた!」ってことですね~(落語体質)

  5. わー、おもしろそう!
    確かに和紙ってもったいなくて使えないです。
    高知による機会があれば是非行きたいです。

  6. 改めて読ませていただいて、思いました…
    確かに、和紙って、「もったいなくて使えない」「綺麗で心惹かれるのだけど、私のような一般庶民には、正直、使い方がよくわからない」と―。
    様々な使い方が提案されるようで、本当に楽しみです!
    「普段使い」として考えた時…相性のいい筆記用具(ペンなど)も合わせて提案(紹介)していただけたら、とても嬉しいです。
    素人意見ですみません…。

  7. ガイン>そうなりたい、展覧会ですねー
    さみー>試作しててもなかなかもったいない(笑)
    ひまわり>ペンの提案!それもなるほど大切ですね。また考えてみるようにします!

  8. はいはいどうぞー。
    そうか、その手があったか・・・

  9. せんきう。茶筒もやってみようかなと思ってまする。

現在コメントは受け付けていません。