に投稿

なぜこの島で暮らすのか。その答えを求めに、四国の本をつくる。

四国ってのは、なんか変な島で、魅力があるんだかないんだかよくわからないところなのだ。

でもただある種の人を引きつける力はあるようで(まあそれをいえばどこの地方も同じことだ)、九州や北海道とは全然違う色の、なんだか明るいんだか暗いんだかよくわからない、未来があるんだかないんだかもよくわかならい、そんなアンニュイというか、悪く言えば中途半端というか、だけどそんなところがギスギスしちゃった都会の人たちには妙に光って見えてみたり、はたまたただの暗い九州の手前の島扱いになったりと、やっぱりひとことでいえばよくわからない島なのである。

そんな島で、そんな島に暮らす人間たちだけでそんな島のことを本にすることになった。
言い出したのは高松でROOTS BOOKSという事務所をやってる編集者小西さん。2005年に「高松アジト×高知遺産」というイベントを高松でやって以来の飲み仲間。何か四国でやろうと挨拶のように言い続けて6年の仲である。昨年、ついにそれが動き出した。双方ともなぜか「徳島」だけは知り合いが少なくて困っていたところ、ある日突然活動的な徳島の面々が現れてしまい、ついにゴロゴロと唸り始めてしまったわけである。
去年の秋は一回目の顔合わせを高知で、二回目の真面目な編集会議は小松島で開いた。そしてこないだはコアメンバで新宮で小会議。

小松島での話は、どんな言葉がキーワードになるかだった。
高知に限らず、香川徳島愛媛を何度も往復していても思うこととしては、この島には「大したもん」はほとんどないということだ。四国は日本の3%経済といわれるように、また観光客数などの統計をみても、四国はほんとうに普通なのだ。てか、今の日本で考えたら普通以下かも知れない。この島にあるのは、凡庸な普通の暮らしがそこにあるということ。その暮らしの先っぽがちょっと地域性なるものをキラキラさせていて面白いということだ。

暮らしというのは、朝起きて働いてご飯食って仕事をし、買い物に行ってたまに旅して、遊んで酔っ払って寝る、そんなことの繰り返し。
四国に暮らすということは、そんなただの日常の繰り返しを、この島で送るということ。
結果、ふっと出てきた言葉が「生業」だった。「業」を生きる。単にそれがあるからここにいる。

大したもんはない普通の島。なのに、なんでそこにわざわざ生きているのか。たぶん、ここでわざわざ生きているのは、そこに「業」があるからだ。仕事があるからだ。つまり、超単純なことなのだ。 人に仕事があるから、他の人にも仕事がある。社会とは、たぶんそんなことの連鎖でできている。空気が好き、のんびりとした感じが好き、そんな理由でこの島に暮らしている人もいるだろう。だけど、結局遊んで暮らしているわけにはいかない。人は暮らすためには働かないといけない。働くために生きて遊んでいる。

最近は、ちょっとした田舎暮らしブームだ。特に311以降は、東京から田舎への回帰がたぶん戦後初めて真面目に進み始めた。だけど、なんか最近の「田舎」とか「暮らし」という言葉はどことなくフワフワしていて、ちょいと居所がわるい。それはなんでだろうかと思ってみると、結局は都会との繋がりの中でしか生きていけない、そんな感じの田舎に向かうニュアンスがどっかにあるからなんじゃないかと思う。むろんそんな役割を担う人がいてもいいしそれがないと人々の「暮らし」の集合体たる地域は成り立たなくなるわけだけど、そんな人やコトばかりになったらやっぱりそれはそれで気持ちが悪い。そんなんじゃ、都会がダメになったら田舎も道連れで潰れてしまう。でも、なんとなくここんとこの田舎はますますそんな方向に向かってる。311前の状況をひきずりながら、311後を模索している。こないだどーしてもなんか信用ならない東大地震研が東京で4年以内にM7が起きるとか言い出したり(実際には昨年9月までの余震が多い時期までのカウントを元に出した話で、なんとなく情報の正確性が曖昧で眉唾な感じが強くてしかたがない)したけど、東京の消費意欲が失われたら高知なんて一発でダメになっちゃうんじゃないかと心配になる。

実際、土佐和紙プロダクツも去年の3月11日まではそこそこ出るようになっていたのが、11日を境にぱったりと出なくなった。回復には数ヶ月かかり、しかも東京への出荷が中心だった傾向も弱くなった。食品とかじゃない、いわば「暮らしの余裕」部分の商材なので当たり前ではあるんだけど、おいらがやっているような仕事って、結局暮らしの「のりしろ」のような、余裕部分だけを担っている仕事なんだねと思ったもんだった。実際いま一番の不安は、いずれ南海地震がやってきて高知が壊滅的被害を受けたとして、その後に自分の仕事ってあるんだろうかということだ。少なくとも2-3年は用事がなさそうだとすら思う。

話を戻す。東京から田舎への回帰が進むのはいい。ここ20年が60年代と並ぶ東京への集中が進む異常期だっただけだと思う。だけど、その20年の間に、田舎はずいぶんと東京がないと持たない構造になってしまった。都会がないとやっていけない。こと高知は超高齢化県で県土が広いっていうこともあって、都会の儲けで道路を作って貰ってその工事費が回り回ってウチらのおまんまになっているようなもんだ(高知は金がないだなんてとんでもない。自分らの稼いでいる分の3倍近い金を東京や大阪から回して「いただけている」身の丈以上に金がある県だ)。他の四国三県は二次産業が高知ほど酷くないにしても、まあ全国の中でみればドングリの背比べ的なもんだろう(まあ高知は愛媛がクヌギなら高知はシイくらい小さなドングリだけど)。

そんなことを考えていたら、やっぱりこの島に暮らす人々から、理由を聞きたいと思うようになった。カタログをつくりたいということになった。千差万別の、この○があるから仕事がある人、この○があるから仕事を作った人。そんな数多の生業の先に、数多の生きる理由がある。それをまとめたら、なんかフワフワしぎみな四国ってものの、もうちょっとはっきりとした輪郭が見えるのではないかと。

 

 

に投稿

瀬戸内芸術祭

昨日はいつもお世話になってるK印刷さんとタケムラ家で瀬戸内芸術祭へ。

正直そんなに期待していたわけではない(北川フラムが嫌いなもので)けど、
下馬評で良いと聞いていた女木島よりも男木島がかなり面白かった。
女木島は、よくも悪くもお芸術な感じで、なんか疲れた。
いちばん面白かったのは鬼が島の洞窟。
キッチュな鬼像が洞窟内のあちこちにいて、
むしろこっちのほーがあーとなんじゃねーかとすら。
小学校は建物のつくりは面白かったけど、作品がなんか疲れる。
少し考えさせられるというか。
きっと美術館をゆっくり何時間も見ることができる人にはお勧め。
おいらはルーブルですら1時間で出てしまうよーな人間なので、
ちょっと無理でした。
んで、男木島。こちらは島の構造からして、うれしいかんじ。
だいぶ前に行った沖の島と似た感じの島で、
船からすぐ前の急斜面に小さな集落が張り付く。
で、その集落内の家や路地にたくさんの作品がならぶ。
なかでも44の大岩オスカール、47の音の風景、52のうちわの骨の家
54の雨の路地、55の海と空と石垣の街は印象的だった。
たぶん女木島の作品群は、周辺環境と無関係な作品がどっちかとゆーと多くて、
男木島は環境に寄り添うような作品が多かったってのもあるんだと思うけど、
島のランドスケープや、路地を曲がる度に飛び込んでくる海の眺めとか
そういうのもまた男木島が良かったなーと思わせる大きな理由のような気がする。
直島はどーにも大混雑らしいけど、
いいと今日Twitterで聞いたのは、豊島。
2002年頃に産廃処理の視察みたいなので行ったことがあるけど、
もしいけたらいってみたいと思うのであった。
に投稿

小旅総覧09-10

旅好き。だけど最近は記録に滅法残さなくなってしまってることを悔やみ中。

なのでこの2年の間、どこへ行ったか備忘録。

今年はなぜか東京と京都がやたらと多い。

 

 

2010.7.23-25 松山~広島
松山でyummydanceの撮影、三津で美味しい丼を食べてからフェリーで広島へ移動し、夜は旧沢マンメンバーで広島飲み。翌日はあちょーの結婚式に出て、夜は小料亭。最終日は宮島へ。帰路、大豊~南国通行止で土佐町経由で帰宅

2010.6.22-24 東京~京都
夜行列車サンライズ瀬戸で東京入り。案の定興奮して寝付けない。
初日、東京ではTOSAWASHI PRODUCTSの営業。三鷹の山田文具店、吉祥寺のサブロ、高円寺の道具屋、目白のポポタムなど。久しぶりに吉祥寺のサンロードではよく見たら25年前とぜんぜん変わってない看板を発見。
夜は池袋で大宮在住の夫妻の結婚式関連ツールの打ち合わせ。翌日は京都へ移動しイチハラヒロコさんと京都駅で打ち合わせ、終了後徒歩で河原町まで移動し、六角のかねよで夕飯。


2010.5.7-9 東京~鎌倉~茅ヶ崎
初日は横浜の築地活字で「文字のできるまで」を見せてもらう。昼からは銀座や八重洲あたりをウロウロ。夜は有楽町で焼鳥、銀座のど真ん中で銭湯堪能。翌日は錦糸町での吉岡さとるさんの写真展を見てから、鎌倉へ移動。鶴岡八幡宮など。夕方には茅ヶ崎に移動し、祖父と嫁初対面。
最終日は祖母の墓参りへ。空港へ向かおうと駅に入ったらJRが全線ストップしていて難渋。戸塚までタクシーで移動したところでJRが再開し、なんとか出発に間に合う。




 2010.3.6-7 芦屋~京都

美術館の河村学芸員と現地集合でイチハラヒロコさんと打ち合わせ。
夜はMeetsでみつけた「よし田」というお惣菜屋さんで晩飯。めちゃうま。翌日は漬物屋さんや「裏具」、「かねよ」など。



2009.10.13-25 Paris,Mainz,Freiburg,Muenchen
日本制覇してから!と思ってたけどついに初海外。思いのほか面白すぎ、2年に1度はどっかへいきたいと夢見るようになる。

2009.9.12-13? 芦屋~大阪~神戸
11月からの使える和紙展に備え、道具や参考品探しに大阪へ。帰りに神戸のIKEAに寄り思いのほかコーフン。

2009.5.16-5.17 倉敷~松山
松山でのyummydanceの「耳打ちせずにいられないことが」観覧にいく前に、遠回りして倉敷へ。三宅商店でメシ。倉敷は表通りよりも裏通りがはるかにいいことを知る。結構マニアックな店も多くて面白い。夜は松山入りし観覧、その後の懇親会にも出席することになり泊まることに。mama!milk清水さんやトオヤマタケオさんら楽団員も見に来ていて、いろいろお話。めっちゃいい人や~。
翌日は松山城でのイベントへ。全体的に、こういうクラフトやアート、エコ系のイベントの質は高知が異常にハイレベルだということを改めて理解。

2009.5.1-5.4 島根~鳥取
おいらのもーひとつの田舎、島根への小旅。出雲大社、松江城、お堀巡り、島根県美など。子どもの頃いくつ食べられるかが夏休みの絵日記のサブテーマにもなってた「八雲庵」の割子蕎麦も10年ぶりくらいに賞味。夜は新天地というビルのてれすこという店などハシゴ。翌日は安来の旧宅跡と飯島の本家へ。商店街ではちょうどお祭りをやっていた。また、こども県展で特選を取った絵を描いた清水寺の五重塔にもたぶん20年以上ぶりに登る。
米子では最近観光地化しているらしい駄菓子屋さんや皆生温泉の浜辺などに立ち寄る。帰りの高速は渋滞。疲れたの
で湯原温泉でイップク。久しぶりに射的なぞも。



に投稿 2件のコメント

仕事ついでに須崎の山里温泉へ

先週からあっちゃこっちゃ。
来月から配布がスタートする土佐電気鉄道の高速バス車内紙「旅たび高知」の大詰めなのだ。というのも、ギリギリで4P追加になってその撮影がかなりタイト。室戸、安芸、高知市内、梼原、津野とこの1週間だけでも800枚くらい撮ったんでないかと。この間に東かがわや伊野にも別件で行ったりしたので、デミ子もくたびれぎみ。
んで、今日は梼原の帰り道に須崎の「山里温泉」へ。
物部の神宮寺温泉、笹温泉といった源泉掛け流しの温泉場が次々と無くなる高知県にあって、数少ない源泉力を楽しめるところでした。
目の前に川が流れていて、蜻蛉がハラハラと飛んでるのが見える。
たぶん男湯は道路から丸見え。
まあそういう豪快なのもちっくと別府ぽくていい。
まあいずれにしても、ほどほどの硫黄臭がうれしい。熱すぎない湯がうれしい。
湯上がりに出してくれるお茶菓子がうれしい。
近くを通ったらまた行きたい湯宿です。
毒舌化進行中
に投稿 4件のコメント

ETCをつけて関西を思う。

 麻生さんの支離滅裂政策ではじまった高速週末1000円の波にあわせて、

うちのデミ子にもETCを取り付け。
うーん楽ね。
まあ以前よりは高速に乗らなくなったので今さらなんだけど、サッと高速に入れるのはまあなんかうれしい。
そして週末1000円。もともとは民主党が高速無料という「嘘だろ~」という公約を打ち出していたのを自民党がアブラあげさらった形だけど、なんか複雑すぎてよくわからない。
それに、この2年のうちに瀬戸内のフェリーとかJR四国とかはだいぶ衰退すんではないか、それでかえって3年後から後どーなんの?と余計な心配をする。さらにいけば、民主が政権取ったらJR四国はなくなるかもしれんなあとすら。高速バスだってどーなることか。
で、今日歩屋のパン祭りに行くときに高速を使ってみた。
南国SAは県外車がずらり。愛媛、徳島、香川はもちろん、姫路や奈良、名古屋、尾張小牧、品川・・・まあ普段とは段違いの車の量、ヒトの量。日曜市も当然ヒトだかりで、付近の駐車場も結構埋まっていたりでGW状態。
この1000円政策は、普段「橋が高くて」“お金距離が遠い”四国に利ががあると思っていたけど、実際なかなか効果があがっている感じだ。
そこで思うこと。
なんか仕事で関係する人の多くも、新聞でみる財界人や県庁とかも、なんかもーすっかり東京しかみてない。観光でも物販でも東京にいかにして売り込むか、そのことばかり議論しているよーに見える。
で、そういうヒトやニュースをみるたんびに、なんで関西をそう軽視するの?と思ってた。そしてそのことを指摘しても、必ず東京圏の人口の異常な多さと経済力を語りだし、情報発信力の高さ等等費用対効果を延々と語りだす。で、その一方、関西の評価は正当にしていない。タイガースがある田舎、くらいにしか思ってないんじゃないの?とすら思う。
でもですね。関西や近畿ったって2000万人のヒトが暮らしている(首都圏は3500万)わけで、経済力でもなんぼ落ちたって世界企業が軒をまだまだ連ねているわけですよ。
それに、関西におればわかることだけど、関西は異様に関西ローカル番組が多い! これって逆に見れば、東京ネット発信の情報で薄く広く情報を流すよりも(最近のテレビは本当につまらない。制作費の圧縮もあるけど東京・名古屋・大阪の番組制作のせめぎ合いの範囲が狭くなってることも影響してるんでは?)、もしかしたらずっとより濃く高知の情報を2000万人に訴えることができるかも知れない、ということでもあるんじゃないか。
この週末の県内を見ても、車の多くは当然近い関西や中国地方がメイン。全国各地のプロフェッショナルなアンテナショップが軒を連ねる銀座なんかで店を探すよりも(まあ東京にも大きな店は絶対いるけどね、むしろなんか高知の店は池袋とかの方が沿線の客層とかとも似合うような気がする・・・そういう意味じゃ吉祥寺とかに店がある現状はミョーに納得できる)、心斎橋や元町で店を出した方が実はよっぽどリーズナブルだし、関西から「結構近い高知」を知ってもらういい機会になるんでないか、と。
そういう意味では福岡や広島、岡山にもまだまだ打ち込む手はあるし、わざわざはるばる東京なんぞに売りに行かずに、近場で押さえるべきところ押さえた方が良いんじゃないかと。東京に店出す資金でもしかすっとその他の大都市に2、3個は店ができるんでないかと。
(これって日本がいつまでもアメリカばっか見てるのと似てる。中国はインドやロシア、アフリカへとどんどん外交を広げ、韓国はアメリカと中国を両にらみして動く方向へ動いて、変わりゆく世界情勢の中で、自国の立ち位置を明確にしていこうという姿勢がみえる。だけど日本はダメダメ)
ホントに高知って、なんかこういうところダメダメですねえ・・・いつまでも東京じゃ~東京じゃ~と唸っているのって、いつまでも龍馬じゃ~龍馬じゃ~と唸っているのと同じくらい、なんかずれてるような気がする。
そう、古いんです。
だから、遅かれ早かれETC効果は他県に先駆けて終わる!→ただし龍馬伝効果でそのことは見えずにおそらく終わる→成長しない
に投稿 6件のコメント

油売り跳ね回る!今年の秋葉祭り。

2年ぶりに仁淀川町の秋葉祭りへ。
今年は中越家から秋葉神社まで見物。
鳥毛ひねりを落とすシーンが例年より少し多かったような・・・
さて動画は秋葉神社のクライマックス、沢渡の鳥毛ひねり。
成功するたびに油売りが飛び跳ねて、見てるだけで笑ってしまう。。。
秋葉さんは、油売りに会いに行くようなものだもんねえ。
に投稿 2件のコメント

亀岡酒造の純米大吟醸

  

今度春に結婚する沢マン212・みんなのアイドル旧97ペアが来宅し鍋をつつく。
手みやげで頂いたのが名古屋土産のういろうと、愛媛五十崎の名蔵・亀岡酒造の純米大吟醸。
純米大吟醸ってあんまり好きなのがないけど、さすがは亀岡、さらっと舌の上を香りが流れておちてゆく。文佳人やしらぎくともまた違った味と感触で、嬉しくてニヤニヤしてしまう。
JUGEMテーマ:日本酒

に投稿 6件のコメント

都道府県別の魅力度。


毎年恒例の「地域ブランド調査」。
その2008年版が発行されて、札幌が相変わらず強いとか離島離村の伸び率が高いといったことがあちこちで記事になっている。で、2007年版のデータを見ていたら、「地域別の魅力度」という項を発見。これでみると、中国・四国地方は予想通りの低スコア。う〜ん、やっぱり地味な県が多いからかねえ。
が、「都道府県別の魅力度」もすぐ横に出ていたから見てみると、高知県は案外悪くない数字。
こういうの見ると、高知の面白さって、と思う。
こないだ、ある観光に関わる会合でその場にいた全員が、いろいろなメディアでチョコチョコ出て来る高知の話題や店を一切知らなかったことがあって、ちょっとオイオイと思っことがあった。一応観光や情報に携わるのならそういうネタも把握しておいたほうがいいと思うんだけど、結局は箱形観光地のことしか見えてない。
が、外のメディアが取り上げる高知って、意外と箱のことはほとんどなくて、店とか人、メシの話が多いもよう。そういうのが統計の数字にも出てるんかなと思ってみたりもする。
う〜ん。。。
関連記事□地域ブランド調査2007とは

に投稿 5件のコメント

「徳島」化にまた一歩。撤退、だそうで。

結局はりまや橋の再開発プロジェクト、頓挫したみたいですね。
テナントも集まらず、商店街も空洞化が進んでこの結果。
この三年のうちでもずいぶんと情勢が変わった。
もっと素早く動いておけば良かったのか、とりあえず中途半端なものが建たなくて良かったと見るべきか??
というか、もうこの場所に民間の血は入らないのかも知れないねえ。
だとすっと県+市図書館とか市庁舎とか、それぐらいの選択肢しかなさそうな。
でもそんな金もなさそうな。
これで中心市街地の厳しさもさらに増しましたね。
嗚呼、確実に進む「徳島」化

に投稿 2件のコメント

松山大街道MUJIの恐怖文字

DSC_1438.jpg
yummydanceとの打ち合わせ+飲み会で松山出張へ。
その途中、ヤミメンG氏と立ち寄ったMUJIで怖いメモ発見。
この字、確かに筆ペンで書きたくなる文字かも知れない。
そして、文字ってやっぱり変な力があるよなあ、などと思ってみたり。

路上で飛び跳ねるヤミメンK氏。
いつ会ってもこの人は飛び跳ねている。
DSC_1441.jpg